ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
ワイキキビーチでドキドキの人生初サーフィン!【ワイキキ・ビーチ・サービス】

ワイキキビーチでドキドキの人生初サーフィン!【ワイキキ・ビーチ・サービス】

ワイキキ・ビーチ・サービスのサーフィン・レッスンに参加し、人生初のサーフィンに挑戦!ノリノリのロコに教わるレッスンはめちゃ楽しいっ!

公開日:2017.10.31

更新日:2018.05.11

編集部体験レポート

※この記事は2017年10月31日に公開されたものです。

 


アロハ! エリカです。

シュノーケル、スキューバダイビング、ホエール・イルカウォッチングと、ハワイならではのマリンアクティビティはひと通り体験してきました。

が、

肝心のアレをまだ一度も体験してないことにずっとモヤモヤしていたのです。

そう、それは…
ハワイでのマリンアクティビティの王道

サーフィン!!!

ロコサーファーに紛れて、スイスイスイ〜とかっこよく波に乗るのが憧れだったんですよね〜。
せっかくハワイにいるのだから、ハワイを代表するスポーツであるサーフィンはマスターしたい!

というわけで、人生初サーフィンに挑戦してきました〜!
果たして華麗な波乗りを披露できるのか!乞うご期待ください(笑)。



記念すべき人生初サーフィンをサポートしてくれるのは、スタンドアップパドル(SUP)やカヌーライド、セーリングなど、ワイキキビーチでのさまざまなマリンアクティビティを提供する「ワイキキ・ビーチ・サービス」。 1955年創業と、とっても歴史ある会社なんです。

編集部ヒロヨのSUP体験レポートはこちら↓

ビーチボーイに学ぶテンションUPなSUP体験【ワイキキ・ビーチ・サービス】

  • 編集部体験レポート
  • 2016.04.21

「ワイキキ・ビーチ・サービス」の大人気アクティビティに初挑戦。いつもとは違う方向から見るワイキキビーチは必見の美しさ!

今回「ワイキキ・ビーチ・サービス」で体験するのは、1時間のプライベートグループレッスン(2〜5名まで、ひとり$75)

 まずは、ロイヤル・ハワイアン・ホテル1階プールサイドにあるカウンターで受付を済ませます。

 一緒にサーフィンにチャレンジするアロハストリート読者モデルのルミさん(写真右)と。
ハワイ在住歴4年めのルミさんも、今回がサーフィン初挑戦なのだそう。

ビーチには専用のパラソルとチェアがセッティングしてあり、レッスンが始まるまでの時間、日焼け止めを塗ったり、波の様子を見ながら波乗りしている自分をイメトレしたり(笑)と、思い思いの時間が過ごせます。

 コ〜ンニチハ〜!

私たちにサーフィンを教えてくれるのは、テンション高めのアイザ先生(笑)。

日本で8年間英語教師として勤務した経験のあるアイザ先生は、日本語が達者な上にサーフィン歴30年と大ベテラン!
泳ぎは得意なほうですが、海に来たらいつも浅瀬で浮き輪プカプカな私にとって、足がつかない場所で体験するサーフィンはちょっと緊張…。でもワイキキの海をよく知るアイザ先生がサポートしてくれるので、心強いです。

 ビーチでのレッスンからスタート。

サーフボードの上で波を待つ体勢から、波が来てボードに立つまでのステップをていねいに教えてくれます。


アイザ:ナミガキタ〜!コイデ〜!

アイザ:タッテ〜!

アイザ:ポーズ〜!

(笑)。

アイザ先生直伝のキメポーズはちょっと謎ですが、この時点でかなり楽しいです。こうしてロコサーファーと触れ合う機会もなかなか味わえない貴重な体験ですよね。

ブレーキの方法や前に人がいたときのよけ方など、安全面も含め約10分間、しっかりレクチャーを受けたところで…

いよいよしゅっぱーつ!

うつ伏せでボードに乗り、手で漕いでポイントまで向かいます。
本来なら波乗りする前に体力を使い果たしてしまいそうですが、 アイザ先生がボードごと引っ張ってリードしてくれるのでその心配もありません。


ポイントに到着し、まずは私からスタート。ドキドキ…。

この日は風が強く、次から次へと高い波がやってきます。アイザ先生が初心者の私でも乗れそうな波を選び、タイミングを見計らってサーフボードを押してくれるので、私はボードに乗って待つのみ。いわばいいとこ取りなんです。

さぁ、初挑戦はいかに!?

アイザ:イマ〜!タッテ〜!!!

おっ!

………

ジャッボ〜ン!!!

一瞬立つことは出来ましたが、見事に失敗(泣)。
この時は自分に必死で気がつきませんでしたが、隣でサーフィンをしていたロコガールに笑われている!?

チックショ〜!!!(笑)。

 すぐに近寄ってきて、「ナイストラ〜イ!」と励ましてくれるアイザ先生。

アイザ先生いわく、私は立ち上がるタイミングが早すぎたよう。失敗するたびアドバイスをくれるので、だんだんとコツが掴めてきます。そしてついに…

3回めのトライでその瞬間はやってきました…。



お!!!

やった〜!!!立てた〜!

ハワイの風を全身で感じながら波に乗るって、最高に気持ちいい〜!
今まで経験したことない不思議な感覚です。コツを掴んでからは、一度も失敗することなく波に乗れるように!

成功するたび、近くで浮き輪に乗りながら見物している人たちから「ナイス〜!」とお褒めの言葉や歓声をいただけて、まるで波の上に敷かれたレッドカーペットを歩くスターのような気分になっちゃいます(笑)。

 続いてルミさん。海にはあまり行かないというルミさん、私以上に海慣れしていないから大変だろうなぁ…なんて余計な心配をしていると…

 えーーーーー!

一発めからスイスイ波に乗れちゃってます…。
ルミさんを見ていると、簡単そうに見えますがバランスとかタイミングとかいろいろ難しいんですよ…モジモジ…(笑)。

☆ルミさん1回めの挑戦の動画はこちら☆

ルミ:波とボードの間に空気があって浮いている感じ!気持ちいい〜!

サーフィンを経験したことない人には「?」な感想かもしれませんが、本当に不思議な感覚なんです。もう悩みとかすっ飛んでしまうくらい爽快!

 この後も私とルミさんで交代しながらサーフィンを満喫し、レッスンは終了。

帰りは波に乗りながらビーチに戻っていくので、すぐに到着します。

1時間あっという間でしたが、最近運動をサボっていたせいか久々に体を動かせてかなり気持ちよかったです。 高すぎる波は見送ってくれたり、人がいる場所を避けてポイントを選んでくれたりと手厚いサポートに、安心してレッスンを受けることができました。

そして、疑問に感じた方もいるのではないでしょうか?私たちがサーフィンをしている写真や動画はいったい誰が撮ったのかと。

 「ビーチボーイズフォトグラフィー」のプロカメラマンが水上で撮影をしてくれるんです。(写真のみは$50/1人、写真と動画$80/1人)
カメラマン自身も近距離でサーフィンをしながら撮影してくれるので、かなり躍動感のある写真や動画を撮ってもらえます。写真や動画のデータは、レッスン終了後にUSBで受け取ることができます。

☆カメラマンが撮影したその他の写真はこちら☆

 

サーフィンしているときは真剣なので、写真に写る自分も真顔なのかと思いきや、めちゃ笑ってる…(笑)。楽しさが全面に出ちゃってますね。

【サーフィン・レッスンを受ける際に知っているといいこと】

●ラッシュガードはレンタル可能

 「ワイキキ・ビーチ・サービス」のロゴ入りラッシュガードをレンタルできます。ラッシュガードをレンタルしたい場合は、受付の際にその旨を伝えましょう。(※数・サイズに限りがあります。)

ちなみに、ロイヤル・ハワイアン・ホテル1階とシェラトン・ワイキキ1階にある「ワイキキ・ビーチボーイ・ストア」で異なるカラーやデザインのロゴ入りラッシュガードが購入(通常$48)できます。

また、自分で選んだラッシュガードをレッスンで使用し、そのまま持ち帰れるプラン 「プライベートグループレッスン(ひとり$111)」に参加すれば、レッスン料とラッシュガード代を合わせて通常$123のところ$111と、お得になるのでオススメです!

●日焼け止め、ビーチタオルは持参を
1時間外にいるので、事前に日焼け止めを塗るのを忘れずに。ビーチタオルはレンタルしていないので、必ず持参してくださいね。

●コインロッカーはないので、持ち物はなるべく少なく
受付をしたカウンターで、貴重品のみ預かってもらえます。(※盗難・紛失は自己責任になります。)
大きな荷物の預かりはできないため、必要最低限の荷物を持っていくようにしましょう。


ワイキキビーチでキャラの濃いビーチボーイと楽しむサーフィン・レッスンは、特別な思い出になりました〜!(笑)。サーフィンを経験したことがある人も初心者も両方楽しめるので、オススメです。

アロハストリートのウエブサイトから予約が可能なので、ぜひみなさんも参加してみてくださいね〜!

その際は、「ワイキキ・ビーチ・サービス」でマリンアクティビティ(ラッシュガード付きのプライベートレッスン除く)が10%オフとお得になるアロハストリートのクーポンをお忘れなく〜!

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top