ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
オアフのフォーシーズンズ徹底取材!客室編【フォーシーズンズ リゾート オアフ】

オアフのフォーシーズンズ徹底取材!客室編【フォーシーズンズ リゾート オアフ】

西海岸コオリナにオープンした、オアフ初のフォーシーズンズ・リゾート。第2弾はシンプル&上質を極めたお部屋をご紹介!

公開日:2016.11.07

更新日:2017.09.20

編集部体験レポート

21re_IMG_2604.jpg
アロハ! メグミです。

ハワイのパステルブルーの海を独り占め...。
こんな贅沢が許される場所、どこだかわかりますか?

そう、それは...

2re_IMG_2344.jpg
オアフ島にオープンしたフォーシーズンズ、正式名称「フォーシーズンズ リゾート オアフ アット コオリナ」。

前回のレポートでは、ロビーやプール、秘密のお庭などの共用スペースをご紹介しましたが、今回は気になる客室についてレポートしたいと思います。

今回も写真多めでお届けします!!

re_IMG_2595.jpg
ロビーからエレベーターで、客室のある上階へ。
この三角形の吹き抜けが特徴的な建築に見覚えのある方も多いのでは?

このホテルは以前、JWマリオット・イヒラニ・リゾート&スパとして営業していた建物。

ですが、大幅に改築工事が行われ、外側から見ただけではわからないほど、内部はガラリと様変わりしているんです。

【オーシャンフロントルーム】

re_IMG_2548.jpg
まずお部屋に入って感じるのは

「ひろい!」

ということ。

キングサイズのベッドが小さく見えるほど、ものすごく空間がゆったりと取られています。

ベッドの足側には、ふかふかのソファが設置。

1re_IMG_2591.jpg
純白のリネンには、さり気なくフォーシーズンズのロゴマークが。

2re_IMG_2581.jpg
ベッドの頭側からお部屋を見ると、こんな感じ。
そう、足側にもかなりのゆとりスペースがあるんですよ〜!

二人がけソファ、テレビの隣りには一人用のチェア、そしてデスク&チェアまで設置され、それでもさらに余白があるほどの広々設計。

3re_IMG_2589.jpg
ベッドサイドには、ロゴ入りタオル。

4re_IMG_2587.jpg
サイドボードにさり気なく置かれた雑誌もおしゃれです。

ではでは、次にラナイ(ベランダ)をチェックしましょう!

5re_IMG_2567.jpg
まくら付きのデッキチェアが1台。
まあ、ここだけなら、それほど珍しくはありませんよね?

ところが、逆側を見てみると...?

6re_IMG_2569.jpg

広い、広い広い、ひろーーーい!

テーブルに椅子が2脚、さらに物干し台まで置いても、この余裕ですよ。

「うちのリビングより広いかも」
「このラナイだけで生活できるよね」
と、貧乏くさい発言をなぜ連発してしまうのかは、自分でもよくわかりません...(笑)。

7re_IMG_2550.jpg
ラナイからの眺め。
オアフ島西海岸の海は青く深く、幻想的です。

遠く、ワイアナエ山脈が霞みます。

8re_IMG_2553.jpg
こちらに見えるのは、天然のラグーン。

コオリナといえば、美しい白砂のラグーンが有名ですが、あれらは人工的に作られたものなんですよね。

だからこそ美しく、そして安全に遊べるわけですが、そのすぐ近くに佇む、ゴツゴツとした岩場に囲まれたこの天然ラグーンが、なんだかとても貴重な存在に思えます。

9re_IMG_2590.jpg
ベッドルームから廊下を経て、いざバスルームをチェック!

10re_IMG_2560.jpg
白でまとめた、シンプルさと上質さを極めたような空間。

しっかり浸かれる深さのバスタブのお隣りには、ガラスドアのシャワー室。
洗面台は2セットあります。

11re_IMG_2564.jpg12re_IMG_2565.jpg
アメニティも、おしゃれですね〜。

13re_IMG_2592.jpg
もちろんプライベートバーも充実。
ドリンクやお酒のセレクトにセンスが光ります。

どこを切り取っても、フォーシーズンズ・クオリティ!

次のページは...
ラグーンを見下ろす絶景
オーシャンフロント1ベッドルームスイートに潜入!

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top