ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
いまホットなカカアコで地ビールを愉しもう【ホノルル・ビアワークス】

いまホットなカカアコで地ビールを愉しもう【ホノルル・ビアワークス】

ハワイの地ビールブームの先駆け的存在「ホノルル・ビアワークス」はビール好きに絶対おすすめ!お得なクーポンもチェック!

公開日:2016.08.09

更新日:2017.12.10

編集部体験レポート

※この記事は2016年8月9日に公開されました。

retitleDSC_4997.jpg
アロハ! メグミです。

ハワイは空前の「地ビール・ブーム」。
さまざまなレストランやバーで、ビールメニューの欄にハワイ産の銘柄を見かけるようになっただけでなく、その種類もどんどんと増大。

そしていま、マイクロ・ブリュワリー(小規模ビール醸造所)が、次々と誕生しているんです。

ビール醸造のみを行っている工場もあれば、その場で飲食ができる「ブリュワリー・パブ」も増えていて、いまや注目ハワイグルメの中心となりつつある勢いです。

re1IMG_4306.jpg
まずは、ちょっと失礼して、一杯...。
まあ、最初の一杯はどんなものでも美味しく感じるものですが...。

しかし、だからこそ、最高に美味しいこだわりの一杯を、乾いた喉と胃に注ぎ込みたい!

そこでおすすめしたいお店が、こちら。

re2IMG_3036.jpg
ホノルル・ビアワークス」。

いまホノルルで最もホットなカカアコ地区にあります。
アラモアナセンターから、車で数分ほどの距離。
最近では各種旅行会社のトロリーも走るようになり、数年前から比べると格段にアクセスしやすくなりました。

お店がオープンしたのは、2014年春。現在のハワイ地ビール・ブームの先駆け的な存在のひとつ。

真っ青な、倉庫のような建物の中は...?

re3IMG_4237.jpg
天井が高く、ひろびろ〜。

テーブル席とカウンター席、どちらも席数がたっぷりあります。

re4IMG_4240.jpg
クラフト感あふれる店内インテリア。

倉庫風の、ものすごくカジュアルな雰囲気なのですが、そこはかとないオシャレ感も漂っていて、エッジーなカカアコらしいお店です。

re5IMG_4261.jpg
窓からは、カカアコ地区の名物、ウォールアートも見えますよ。

大きく繰りぬかれた窓からは心地よい風が入り、建物の中でありながら開放感たっぷり。

re6DSC_4824.jpg
建物の横には中庭があり、ここでもビールやフードを楽しむことができます。
ビアガーデンみたい〜。ハワイでは貴重です!

re7IMG_4290.jpg
オーナーでありブリューマスターのジョンさん(右)と、奥さま(左)。

ジョンさんは、以前ニミッツ通り沿いにあったアロハ・ビール・カンパニー醸造所で働き、そこで本格的なビール造りを習得。

残念ながらアロハ・ビール・カンパニーのホノルル醸造所はなくなってしまいましたが、その後にオープンしたこちらのお店は大繁盛! 美味しいビール造りだけでなく、ビジネスセンスもある方なんですね。

re8IMG_4247.jpg
パブのフロア奥には、ビール醸造所があります。

醸造所の中は、普段は見ることができませんが、醸造タンクをはじめさまざまな機材が並んでいます。

この醸造所では、定番ビールを9種、季節限定ビールを5種、合計14種ものビールを作っています。

re9IMG_4249.jpg
醸造タンクがあるエリアのさらに奥は、最近拡張工事をしたエリアだそうで、現在開発中とのこと。

re10IMG_4256.jpg
「将来的には、このエリアを使って、瓶または缶のビールを出荷したいと思っているんだ」と、ジョンさん。

ホノルルで醸造され、缶またはボトル詰めされているビールは、現在はまだありません。
これが実現したら、すごいニュースですよ!!

 

※追記(2017年12月10日):2017年秋、ホノルル・ビアワークスの缶ビールがリリースされました! また、それに先駆けて2016年冬よりワイキキ・ブリューイング・カンパニーが缶ビールを発売しています。

 

さて、パブに戻り、ビールをオーダーしましょう。

rer11IMG_4258.jpg
マイクロブリュワリー・パブや、いま流行りのガストロパブでは、しょっちゅう取り扱い銘柄が変わるので、こうした黒板にラインナップが書かれています。

でも...。
わかりづらいですよね?
どこをどう見たらよいのやら...。

ポイントだけ簡単にお教えしますと、見るべきは、ここ!

re11IMG_4258_2.jpg
「Pints(パイント)」は、通常サイズのグラス1杯のことで、このお店では$6.75で提供しています。「Tasters(テイスターズ)」は、サンプルサイズの小さいグラスで、1杯$2。

その下には、ビールの名前が書かれています。名前の最後の部分にご注目。
一番上はセゾンビール、次はクリームエール、3列めは...パス(笑)、4列めはIPA、5列めはブラウンエール...と、ビールのタイプが判断できます。
ビールの豆知識はこちらをチェック>>

右にある「ABV」はアルコール度数「IBU」は苦みを表す単位です。この数が大きいほど、アルコール度数や苦みが強くなります。

...というか、こちらのお店、

日本語メニューがあるんですよ。

reIMG_4298.jpg
だから無理して黒板を読まなくてもいいのですが、読めたほうがいろいろわかって楽しいと思うので、トライしてみていただけるとうれしいです!

re12DSC_5028.jpg
こちらが「テイスターズ」のグラス。
一般にサンプラーと言われるサイズです。

まずは、このテイスター・サイズで4〜6種類ぐらいを試してみて、気に入ったものをパイントで追加オーダーするのがおすすめです。

でも、飲んでいると「どれがどのビールだっけ...」と、わからなくなってくるので、軽くメモしながら飲むのがいいですよ。
仲間といっしょに、評をつけながら飲み比べると、イベントみたいで楽しい!

re13IMG_4265.jpg
フードメニューも、なかなかいけてます。

「オール・ミックスアップ・グリーンズ」$9.25
クランベリーやナッツ、ブルーチーズがたっぷり。このほかサラダがあと数種あり、バーメニューにしてはヘルシー志向が強いですね。

「サーモン・サラダ・サンドイッチ」$9.50
紫色のタロパンを使ったカラフルなサンド。サーモンはわさびアイオリ・ソースで和えてあって、見た目以上にずっしり満足感があります。

re14DSC_4958.jpg
ビールといえば、これ!
「サウス・ストリート・パストラミ・ルーベン」$11

このほか、フードメニューはランチタイムとディナータイムでじゃっかん変わりますが、品数はそれほど多くないながらも、どのメニューもしっかりこだわり系で美味しいです。

 

re15DSC_5015.jpg
お持ち帰り用の大きなボトル「グロウラー」もあります。

グループでのハワイ旅行なら、これ1本買ってホテルのお部屋で飲むもよし、ビール好きの方なら記念に買って日本で使うもよし、ですね。

いまハワイで話題のマイクロ・ブリュワリー。
夏のビールがさらに美味しいハワイの地ビールを、ぜひ堪能してくださいね!

re16IMG_4287.jpg
おまけ。
お店オリジナルのコースターが素敵! 旅の記念にどうぞ〜☆

 

□□□こちらの記事もあわせてチェック□□□
●なぜいまハワイのビールがアツいのか?>>
●ハワイの地ビールを味わうなら、ここ!>>
●ワイキキのビール工場パブは必ず行くべき!【ワイキキ・ブリューイング・カンパニー】>>

この記事を書いた人

この記事を書いた人

マローン恵(メグミ)

アロハストリート副編集長。ワイキキ、マノア、モンサラット、マキキを経て現在はカイムキ在住。好きなものは地ビールと地コーヒーと地チョコレート(全部発酵食品!)。ハワイ島取材班としても意欲的に活動中。

Twitterアカウント:@Megumiinhawaii

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top