ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
ウクレレフェスティバルでハワイの夏を満喫

ウクレレフェスティバルでハワイの夏を満喫

カピオラニ公園で、一日中ウクレレの音色を楽しめるウクレレ・フェスティバル。今年もアロハいっぱいに開催されました!

2016.07.22

ハワイのイベント・レポート

IMG_8019_600_title2.jpgアロハ!リツコです。
ハワイの夏を代表する音楽イベントといえば...。そう、ウクレレ・フェスティバルです!

カピオラニ公園のバンドスタンドを舞台に、一日中ウクレレの音色を楽しめるウクレレ・フェスティバルは、ウクレレ普及に尽力するロイ・サクマさんと奥様のキャシー・サクマさんが主催。なんと今年で46年めを迎える歴史あるフェスティバルなんです。毎年、オアフ島・ハワイ島・マウイ島の3カ所で開催されているんですよ。

☆2016年のウクレレ・フェスティバル(ハワイ島)の様子はこちら>>
☆2015年のウクレレ・フェスティバル(オアフ島)の様子はこちら>>

IMG_8066_600.jpg今年は、真っ青な空が広がっていたかと思うと、めずらしく雨が降ってきたり...と、ちょっと天候が不安定な一日でしたが、それでも会場に集まった多くのウクレレファンのテンションは下がることなく、盛り上がり続けました。

アーティストのみなさんのアロハを感じながら、最後は大きな虹まで見られた幸せな日曜日の様子を写真でお届けします〜。

IMG_8033_600.jpg見てください、この笑顔いっぱいのステージ。ハーブ・オータ・ジュニア、ブライアン・トレンティーノ、デイビット・カワカミのセッションです。開放的なステージで、アーティストの皆さんが楽しそうなのも、ウクレレ・フェスティバルの魅力なんですよね。

IMG_8095_600.jpgはい、こちら大御所感たっぷりのウィリーK

ナ・ホク・ハノハノ・アワードを何度も受賞する実力派は、存在感も迫力もすごかったです。ハワイでは、親しみと尊敬の想いを込めてアンクル・ウィリーとも呼ばれる彼、途中で降りだした雨をものともせず、会場をわかせてくれました。

あー、もう、本当にカッコイイっ!

IMG_8088_600.jpg広い会場には様々なブースも登場しています。こちらは、ウクレレ・フェスティバルのオフィシャルTシャツを販売するブース。色違いもいろいろありました〜。

毎年そろえて、コレクションしているという人も多い、人気のTシャツです。

IMG_8085_600.jpgフードブースもいろいろ。こちらは日本でいう「おにぎらず」のブースですね。けっこう多くの種類があって、メグミ副編集長も選ぶのに時間がかかっていました(笑)。

右手に持っているのは、暑いイベントの救世主。甘酸っぱさがたまらないレモネードです。

IMG_8111_600.jpgステージでは、またまた大御所が演奏。
「ウクレレの神様」と呼ばれるオータサンがギターのナンド・スワンと圧巻のステージです。

ハワイ島のウクレレ・フェスティバルでもその姿に感動しましたが、独特の奏法、そしてやさしい雰囲気...本当にステキです。話しながら自分で吹き出しちゃうMCも健在です〜(笑)。

IMG_8130_600.jpgこちらは若きウクレレプレイヤー、カレイ・ガミアオ

ハワイを飛び出し、アメリカ本土や日本でのステージも増えてきたカレイ君。堂々とした演奏がカッコ良かった!

IMG_8142_600.jpg会場で、アーティストの皆さんとカジュアルに会える機会があるのもウクレレ・フェスティバルの良さ。ジュニアさん、やさしい笑顔で記念写真に応じていただきありがとうございます。

会場内にはCD販売テントもあり、当日CDを購入すると目の前で直々にサインしてもらえるチャンスもあるんですよ!うれしいですよね〜。

IMG_8125_600.jpg長年このイベントのMCを務めているダニーさんとも、こんな笑顔の4ショット。
アンクル・ダニー、長時間の疲れも見せずにウェルカムなオーラ全開で、本当にうれしかったです。

IMG_8150_600.jpgフェスティバル主宰のロイ・サクマさんも、もちろんステージに立ちます。
全身からアロハなオーラがあふれるロイさん。

この写真(↑)、次に演奏するポーラ・フンガとペアルックみたいでステキじゃないですか?

IMG_8160_600.jpgイベントも終盤にさしかかる頃、アロハストリートのメグミ副編集長がイチオシの、ポーラ・フンガの美しい歌声が響き渡りました。チャーミングでパンチの効いたポーラの歌とウクレレに、「これこそハワイだなあ...」と感じずにはいられません。

ハワイ島のウクレレ・フェスティバル(3月)、先日のブルーノート・ハワイ(6月)と、最近ポーラのステージを見るチャンスが多かった私たち。その度に、なんともいえばい温かさを感じるんですよね。

IMG_8239_600.jpgそして!

先日アロハストリート編集部にも来てくれた、フラリーパッドが今年もイベントのファイナル・アクトとして登場。3年連続でイベントの大トリという大役を任されています。すごいですよね〜。

☆フラリーパッドについてはこちらもチェックを〜!

日本の京都から参加したウクレレ&ギターデュオのおふたりは、さわやかで元気いっぱいで見ているだけでとにかくハッピーにさせてくれます。ハワイでの演奏も回を重ねる毎に盛り上がりを増して、今年は客席の後ろの方の人たちも曲に合わせてノリノリ。もう、ほんとに、最高のステージでした!

IMG_8290_600.jpgステージ後のおふたり!

メインステージの前には、サブステージでも演奏していた上、全力のパフォーマンスで疲れているはずなのに、この笑顔です。癒される〜!

また、必ずハワイですてきな演奏を披露してくださいね。お待ちしています。

IMG_6758_600.jpg雨が降ったりやんだり...だった真夏の日曜、最後にはこんな大きな虹も見ることができました。
やっぱりハワイっていいなあ。ウクレレっていいなあ。

心地よい一日に感謝!いまから来年のウクレレ・フェスティバルが楽しみです。

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top