ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
勇壮!豪華!平和を祈るホノフェスパレード

勇壮!豪華!平和を祈るホノフェスパレード

毎年恒例「ホノルル・フェスティバル」が3月11日(金)〜13日(日)の3日間開催されました。最終日にワイキキで行われたパレードと長岡花火に感動!

公開日:2016.03.16

更新日:2017.06.15

ハワイのイベント・レポート

IMG_1554_600_title_edited-2.jpg アロハ!リツコです。
 毎年、春のハワイを彩る大きなお祭りとして知られる「ホノルル・フェスティバル」。今年は3月11日(金)〜13日(日)の3日間にわたって華々しく開催されました!

 ハワイ・コンベンション・センターやアラモアナセンターワイキキ・ビーチ・ウォークなどを舞台に、日本とハワイを中心に、環太平洋の文化交流を目的として行われるホノルル・フェスティバルは、今年第22回を迎えました。この一大イベントの最終日を飾った「グランドパレード」の様子をご紹介しますね。

IMG_1466_600.jpg ワイキキのカラカウア大通りを封鎖して行うこのパレードには、ハワイ、日本はもちろん、アジア諸国やポリネシアの島々などに縁のある、約70近いグループが参加。夕方のパレードスタート前から、沿道には多くの人が待っているほどの人気行事なんです。

eboshi600.jpg ホノルルの姉妹都市でもある、神奈川県茅ヶ崎市のみなさんはダンボールで作ったという「相州神輿」をかついで登場。ゆるキャラの「えぼし麻呂」も参加し、昨年に続き、注目を集めていましたよ〜。

IMG_1434_600.jpg こちらは、私も個人的に毎年楽しみにしている、園田学園のダンスパフォーマンス。兵庫県尼崎市にある園田学園高等学校2年生の243名が、おそろいのTシャツを着てワイキキを埋め尽くして踊ります。日本から若いエネルギーが届けられるようで、見ていて感動!周りにいた旅行者の皆さんも「まだいるぞ、何人いるんだ?すごい!」と驚きながら歓声をあげていました。

IMG_1437_600.jpgIMG_1442_600.jpgIMG_1450_600.jpg その後も、日本の伝統文化「南京玉すだれ」、オーストラリアの「アボリジナルダンス」、「中国のライオンダンス」など様々な国々を代表するグループが登場。笑顔いっぱい、カラフルで元気なパフォーマンスに拍手が止まりません。

IMG_1304_600.jpg こちらは、その名も「下駄っぱーず」。日本の文化的な履物である「下駄」を履いて踊る、早稲田大学のパフォーマンスサークルなんだそう。激しいダンスの途中、足を痛めて倒れこんでしまったメンバーがいたのですが、最後は笑顔で復活。大きな大きな喝采を浴びていました。がんばる日本の若者、かっこいいぞ〜!

sunset600.jpg 16:30からスタートしたパレードも終盤に近づき、ワイキキは美しいサンセットタイムに。ビーチに沈む夕陽の美しい景色も楽しみながら、パレードを堪能できるなんて、本当に贅沢ですよね!

IMG_1513_600.jpg そして現れたのは、全長50m、グリーンが目に鮮やかな「昇天竜」。さいたま竜神まつり会の大きなドラゴンは、ホノルル・フェスティバルの風物詩のひとつでもあります。竜の頭が迫力いっぱいにぐぐっと近づくと、沿道の小さな子どもが号泣しちゃう姿も...。それも、かわいい〜。

IMG_1548_600.jpg 徐々に日も暮れて、パレードもクライマックスへ!モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパの正面には、勇壮な秋田市竿燈(かんとう)会の皆さんが登場です。重さ50㎏の竿燈を、手に持つだけでなく、額、肩、腰などで自由に操るスゴワザを魅せてくれました。秋田に260年も続くという伝統の竿燈祭り。幻想的ですごかった...。

IMG_1617_600.jpg パレードを盛り上げるMCとして、DJ POCKYさん&瀬川慶さんも大活躍!ホノルル・フェスティバルの法被がお似合いですね〜。

IMG_1530_600.jpg こちらは、ハワイの日本語ラジオ「KZOO」のブース。アナウンサーのカオルさん&カリーンさんが、コンビで放送中でしたよ〜。フェスティバルの間、あちこち飛び回って忙しいのに、笑顔が最高ってステキ!

IMG_1564_600.jpg パレードはまだまだ続き、たたみかけるように、青森の「弘前ねぷた」もやってきます。こちらも迫力満点!日本の伝統をワイキキで感じられるって、本当に贅沢ですよね...。

IMG_1600_600.jpg そして、オオトリを飾るのは今年も「ホノルル大蛇山」。ホノルルル大蛇山の山車は、福岡県大牟田市から譲り受けたものなのだそう。鐘を鳴らし、火を高々と噴きながら、カラカウア大通りを練り歩く姿は本当に感動モノです。子どもから大人まで、歓声をあげて盛り上がっていましたよ〜。

hanabi600.jpg 同日20:30からは、ワイキキ沖で「長岡花火」が打ち上げられました。日本とハワイの絆をつなぎ、世界の平和を願ってハワイの夜空に上がる長岡花火。その美しく繊細で鮮やかな姿は、旅行でハワイを訪れている人たちはもちろん、ローカルの人々からの人気も絶大です。私も家族でビーチへ繰り出し、この花火を堪能させてもらいました。ありがたいなあ。感謝、感謝。

 今年も迫力満点の美しい平和の花が咲き乱れ、ホノルル・フェスティバルは大盛況のうちに幕を閉じました。また来年も、そしてその次の年もずっと、このイベントが続いていきますように...。

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top