ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
あの超一流リゾートが全面改装リニューアル【フォーシーズンズ リゾート ラナイ】

あの超一流リゾートが全面改装リニューアル【フォーシーズンズ リゾート ラナイ】

「近くて遠い島」ラナイ島のフォーシーズンズがついに今年2月リニューアルオープン!ジェネラル・マネージャーのトムさんに聞きました!

公開日:2016.01.07

更新日:2017.08.22

アロハストリート・インタビュー

 アロハ! メグミです。
ロマンティックなネイバーアイランド、ラナイ島。昨年2015年は、オアフ島から近くて遠いこのラナイ島の魅力を、編集部ヨリエと一緒にたっぷりとレポートしました。そしてこのほど、ラナイ島を代表するリゾート「フォーシーズンズ リゾート ラナイ」の長期にわたる大規模工事が2016年2月1日に終了予定、ただいま宿泊予約の受付スタート! 新しく生まれ変わったリゾートの特徴、そしてラナイ島の魅力について、フォーシーズンズ リゾート ラナイのジェネラル・マネージャー、トム・ローレンスさんに語っていただきました。

reIMG_5406.jpg●Tom Roelens/トム・ローレンス
フォーシーズンズ リゾート ラナイ ジェネラル・マネージャー

トムさん(以下トム):ようこそ、ラナイ島へ!

編集部:アロハ! ラナイ島は、「ハワイ好きが最後にたどり着く島」なんて言われ方をするほど、距離的にはオアフ島から近いのに、なんだか遠くに感じる島。ですが、来てみないとわからない魅力が膨大に詰まっていますよね。

トム:とってもロマンティックな島です。かといってカップルやハネムーナーしか楽しめないことはなく、小さな子ども連れのファミリーにもかけがえのない時間を提供してくれる、素晴らしい島なんですよ。

私はベルギー出身で、フォーシーズンズで働くようになって以降、世界中のさまざまなリゾートに駐在してきました。イタリア、インドネシア、カリフォルニア、モルディブ...そして旅行者としては、数えきれないほどのリゾートに滞在しました。そんな中でも、このラナイ島はどの場所とも比べられない特有の魅力にあふれています。

ラナイ島に住んで7年になりますが、まったく飽きることがありません。普通、ちょっと長い休暇が取れたら、ほかの場所に旅行にいこうと思いますよね? ところが私だけでなく従業員もみんな、ラナイ島で休暇を過ごすんです。ほかの場所には行きたくない、ここが一番リラックスできる場所なんですね。

reIMG_5386.jpg
編集部:世界中のフォーシーズンズ・リゾートと比べても、ラナイ島がいいんですか? それはすごいですね...。でも、うん、わかる気がします。

トム:ラナイ島の面積は364km2の広さがあります。東京23区が621km2ですから、その半分より少しだけ大きいぐらいの島なのですが、ここには約3,000人しか住んでいません。広いビーチをずーっと歩いていても、出会うのは人ではなくてアザラシや海ガメだったり、湾の中を泳ぎまわっているドルフィンたちです。最高のリラックスを味わうことができます。

400_8RDSC_0246_edited-1.jpg
編集部:私たちも、神々の庭園(ケアヒアカヴェロ)に行った時、人がいない「秘境」にいるという感覚を味わいました。島全体で舗装道路はわずか48kmしかないんですよね。

トム:はい。信号も島全体で1機もありません。犯罪もホームレスも、この島にはありません。安心して滞在することができます。日常のさまざまなことを忘れて、静かに心の底からリラックスを味わえる場所であり、手付かずの自然の中でアクティブに楽しむこともできます。セイリングやシュノーケリングなど海のアクティビティも豊富ですし、4WD車で神々の庭園やシップレックビーチまでドライブするのも楽しいですね。また広大な自然をヘリコプターで空から体感することもできますよ。ゴルフも世界的に有名なことは言うまでもありません。

編集部:海超えの素晴らしいコースが魅力ですよね。全コース、オーシャンビューの絶景!
「ラナイ島の海超えゴルフコースにしびれる!」レポートはこちら>>

600DSC_0426.jpg
トム:人に合わずにふたりだけでロマンティックに過ごすこともできるし、ほかの場所ではできない大自然でのアドベンチャーを楽しむこともできる、というバラエティに富んだ魅力が、このラナイ島なんです。

また、今回リニューアルした私たちの「フォーシーズンズ リゾート ラナイ」でも、素晴らしいリゾート滞在ができますので、ホテルから一歩も出ずにのんびりラグジュアリーに過ごすのもおすすめです。レストランも世界的に有名な和食「NOBU」自慢のステーキが味わえる「ワンフォーティ」があり、地産地消のハイクオリティなグルメ体験ができます。

1日だけの滞在でササッと見どころを回るというよりは、できれば1週間ぐらい時間をとって、ゆっくりのんびり滞在してもらえると、ラナイ島の本来の魅力がしっかり味わえると思います。ぜひ多くの方に、世界のどの場所でも体験できないラナイ島だけの特別な時間を過ごしていただきたいですね。

編集部:今日はどうもありがとうございました。トムさん、マハロ!

400_5DSC_0238.jpg
★★★取材を終えて...★★★
生えている草木や山の形、土の質感、目に映る景色が「私が知っているハワイと違う!でも紛れもなくハワイ!」という、驚きや発見の連続...それが私にとってのラナイ島の感動でした。ただいま、フォーシーズンズ リゾート ラナイでは、リニューアルを記念して4泊目無料パッケージを提供中なので、ハワイ旅行を考えている方はぜひこの機会にラナイ島滞在を検討してみてはいかがでしょうか? 予約は日本語ウエブサイトから受付中ですよ!

■■■編集部メグミ&ヨリエのラナイ島レポートもあわせてチェック!■■■

ラナイ島レポートその1「出発編」はこちら>>
ラナイ島レポートその2「お部屋編」はこちら>>
ラナイ島レポートその3「ホテル施設編」はこちら>>
ラナイ島レポートその4「海超えゴルフ編」はこちら>>
ラナイ島レポートその5「シュノーケル編」はこちら>>
ラナイ島レポートその6「NOBUラナイ編」はこちら>>
ラナイ島レポートその7「ホテル・アクティビティ編」はこちら>>
ラナイ島レポートその8「ワンフォーティ編」はこちら>>

ラナイ島レポートその9「ラナイ・シティ編」はこちら>>

ラナイ島レポートその10「神々の庭園編」はこちら>>
ラナイ島レポートその11「シップレックビーチ編」はこちら>>
ラナイ島レポートその12「スイートハート・ロック編」はこちら>>

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top