ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
世界初!ウクレレコンチェルトに挑戦

世界初!ウクレレコンチェルトに挑戦

ウクレレマスターのジェイク・シマブクロさんが、ハワイ・シンフォニー・オーケストラと共演。世界でも初めてのウクレレコンチェルトに期待です!

2015.05.23

極上!ジェイク通信 Aloha To You

 アロハ!みなさん。
 5月も後半となり、ハワイは完全に夏モード全開。青い海が美しいグラデーションを見せてくれる、心地よい毎日が続いています。

Jake00_400.jpg

(Photo:Toastman Inc. )

 そんな中、ウクレレマスターのジェイク・シマブクロさんは、毎日リハーサルに励んでいます。というのも、ハワイ・シンフォニー・オーケストラとジェイクのウクレレ演奏の共演となる「シーズン・ファイナル・ウィズ・ジョアン&ジェイク」が、ついに6月6日(土)&7日(日)に開催されるのです!

JakeFlyer_WEB600.jpg ハワイ・シンフォニー・オーケストラの芸術顧問であるジョアン・ファレットを指揮者に迎え、ジェイクがこのコンサートで演奏するのは、ハワイ大学名誉教授であるバイロン・ヤスイ氏が作曲した「ウクレレ&オーケストラのための協奏曲 - カンパネラ」。ヤスイ氏が、彼の教え子でもあったジェイクのことを思い作った曲と言われています。

 こういった形のウクレレ・コンチェルト(協奏曲)がシンフォニー・オーケストラとともに演奏されることはこれまでになく、世界でも初の試み。この演奏は間違いなくウクレレ界の歴史に刻まれるニュースになるはずです。ウクレレという楽器の在り方が変わる、新しい第一歩が踏み出されるといっても過言ではありません。三部構成の協奏曲は、20分を超える大作。技術的にもとても難しい楽曲ということで、ジェイク自身も一年以上前からずっと練習をし続けているのだそう。ヤスイ氏も「素晴らしいテクニックを持ったジェイクにとっても、この演奏は大きなチャレンジになるはず。でもジェイクならやれる!」と、エールを送っているそうです。

 ジェイクが思い切り気合を入れて取り組むこの演奏は、ホノルルのニール・ブレイズデル・コンサートホールで行われます。世界を舞台に活躍するウクレレマスターが初挑戦する記念すべきパフォーマンスを生で聴けるチャンスをお見逃しなく。チケット料金は$32からで、ハワイ・シンフォニー・オーケストラのサイトやチケットマスター、電話808-946-8742で販売中です。

GreenroomFes15.jpg また、毎年日本で開催され、昨年10周年を迎えたグリーンルーム・フェスティバルの初ハワイバージョングリーンルーム・フェスティバル・ハワイにもジェイクが出演します。ジェイクのほか「Donavon Frankenreiter」、「Lotus」、「Ray Barbee」、「Makua Rothman」などの海外アーティストや、日本からは「Def Tech」など、豪華メンバーが出演する新しい音楽イベント。5月31日(日)にワイキキシェルで行われますので、こちらもぜひチェックを。

 夏〜秋にかけては、以前レコーディングの様子をお伝えした新しいアルバムもリリース予定。それを引っさげて、ハワイ以外(アメリカ本土など)でのツアーも行われるそうです。さらに、今秋に開催されるコロラド・シンフォニー・オーケストラ、バージニア・シンフォニー・オーケストラとバッファロー・フィルハーモニーとの共演で、ウクレレ・コンチェルトを演奏する予定も...。ますます躍進するウクレレマスターの今後に、大注目です!

■■必見!2015年今後のジェイク in ハワイ情報!■■

★5月31日(日)
グリーンルームフェスティバル・ハワイ
GREENROOM FESTIVAL Hawaii 
(Waikiki Shell:ホノルル)
※イベントの詳細はこちら≫

★6月6日(土)、7日(日)

パフォーマンス with ハワイ・シンフォニー・オーケストラ
Season Finale with JoAnn & Jake
(Blaisdell Concert Hall :ホノルル)

◎そのほかのツアー・スケジュールの詳細はこちら⇛

 

ジェイク・シマブクロ
(Jake Shimabukuro)

1976年11月3日生まれ/ハワイ州ホノルル出身。
4歳からウクレレを始め、1998年ピュア・ハートのメンバーとしてデビュー後、2002年ソロデビュー。ウクレレの特性を活かしながらロックやジャズ、ブルースなどのあらゆる音楽を取り込んだそのスタイルは、ハワイのみならず世界中のミュージック・シーンに大きな衝撃を与え続けている。

【公式サイト】
www.jakeshimabukuro.jp(日本語)
www.jakeshimabukuro.com
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top