ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
シーズン到来!注目のサーフィン大会2014

シーズン到来!注目のサーフィン大会2014

ビッグウェーブの季節がやってきました!ノースショアで開催されるサーフィン大会の見どころをご紹介します。

公開日:2014.10.27

更新日:2017.06.14

ハワイのスポーツ情報「スポナビハワイ」

 アロハ!スポーツナビゲーターのA-1です。
 ハワイも日が短くなってきて徐々に冬に近づいていくのを感じるこの頃ですが、そうすると楽しみなのがノースショアのビッグウェーブ。という事で今週から年明けまでノースショアで開催される主なサーフィン大会と見どころをご紹介したいと思います。

■ノースショアで開催されるサーフィン大会ラインナップ2014 ■

 トリプルクラウンを含む大会ラインナップですが、詳細は各ウェブサイトで確認してください。大会のウェイティング期間が発表と同時に最新情報が更新されます。

◎10/27/ - 11/10 ヴァンズ・プレゼンツ・HICプロ
Vans Presents The HIC Pro Sunset (Sunset Beach)

◎11/12 - 11/23 リーフ・ハワイアン・プロ
Reef Hawaiian Pro (Sunset Beach)

◎11/24 - 12/6 ヴァンズ・ワールド・オブ・サーフィン
Vans World Cup Of Surfing (Haleiwa)

◎12/8 - 12/20 ビラボン・パイプ・マスターズ
Billabong Pipe Masters (Pipeline)

◎12/1/2014 - 2/28/2015(予定) クイック・シルバー・イン・メモリー・オブ・エディ・アイカウ
Quiksilver in Memory of Eddie Aikau (Waimea)

<ヴァンズ・プレゼンツ・HICプロ>
 サンセット・ビーチで開催される、トリプルクラウンの前哨戦といえる試合。トリプルクラウン参加へのワイルドカード(出場権)を手に入れることができるため地元ハワイのローカルサーファーたちが気合を入れて挑む大会です。昨年の優勝者は地元ノースショア、サンセット・ビーチのサーフィンファミリーのメイソン・ホー。ローカルの誰もが狙うワイルドカード、さて結果はいかに!?日本からも6名の選手が挑みます。

<リーフ・ハワイアン・プロ>
 ここから3戦は世界のトップクラスの技を見ることができるトリプルクラウンの第1戦。こちらもサンセット・ビーチで開催されタヒチ出身の29歳のミッシェル・ボーズが昨年の優勝者。彼は今年のワールド・チャンピオンシップ・ツアー(WCT)で、すでに2回優勝しており、最終戦に向けて調子をあげていくのは間違いないでしょう。

surf05-400.jpg

エゼキエル・ラウ

<ヴァンズ・ワールド・オブ・サーフィン>
 トリプルクラウン第2戦目は、ハレイワ・アリー・ビーチで開催されます。昨年の優勝者は、サウスのケワロをホームとするエゼキエル・ラウ。彼はカメハメハ・ハイスクール出身の21歳で地元でも注目の若手ローカルサーファーです。エネルギッシュなこの喜びようは、写真からでも彼の雄たけびが聞こえてくるようですね。

01pipemaster_400x300.jpg

ビラボン・パイプ・マスターズ

<ビラボン・パイプ・マスターズ>
 そしてこのシーズン最も盛り上がる大会になるのは、トリプルクラウン第3戦「ビラボン・パイプ・マスターズ」。この大会は、前年度世界ランキング上位選手34人が1年を通して競い合うワールド・チャンピオンシップ・ツアー(WCT)の最終戦となっていて、世界一のプロサーファーを決める大会でもあるのです。

03slater_400x300.jpg

ケリー・スレーター

 注目はもちろん、昨年の「ビラボン・パイプ・マスターズ」優勝者ケリー・スレーター。今年のWCTの試合では、未だ優勝はしていないものの現在のランキングは2位。さすが、ベテラン。今年も虎視眈々と世界王座の奪還を狙っている事でしょう。

現在の世界ランキングは・・・
1位 ガブリエル・メディナ
2位 ケリー・スレーター
3位 ミック・ファニング

02medina_400x300.jpg

ガブリエル・メディナ

 ガブリエル・メディナはブラジル出身の21歳。昨年のこの大会ではエアリアル賞を受賞しており、"エアーの得意な若手ブラジリアン"と、言えば想像がつくと思いますがケリーとはまた違った次元の若手サーファーです。

04jonjon_400x300.jpg

ジョン・ジョン・フロレンス

 そして、最後にやっぱりパイプといえばジョン・ジョン・フロレンス。今年は怪我もなく、順調にWCTの試合をこなし現在世界ランキング5位。家の前がエフカイ・ビーチ(パイプライン)という環境で育った彼のサーフィンは見逃せません。

<クイック・シルバー・イン・メモリー・オブ・エディ・アイカウ>
 勇敢なウォーターマンとして伝説となっているエディ・アイカウを称えて行われ、世界中から選ばれる招待選手のみで競われるビッグウェーブの大会です。また、1日を通して20フィート以上のコンディションが見込まれるときにしか開催されないので、過去28年間で行われたのはたったの8回。開催時もしくは、開催されるかもしれないとニュースでアナウンスされた日は、ノースショアまでが大渋滞となる人気のイベントです。

 試合の開催は波のコンディションによるので、ノースに観光に行く際にはウェブサイトで試合が行われているかチェックしてみてくださいね 最近は現地に行けなくてもLIVECAMで生で見ることができるのでこちらもサイトでチェックしてみてください。
http://vanstriplecrownofsurfing.com/

goto_sponavi2.gif

■このコラムへのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで。たくさんのメールお待ちしています!!

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top