ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
Nui Daisukeが選ぶフラ・プレイリスト3

Nui Daisukeが選ぶフラ・プレイリスト3

大好評ヌイ・ダイスケさんのフラコラム。今回はマウナケア山に雪を降らす女神「ポリアフ」にまつわるフラ・ソングを動画付きで紹介してくれます!

2014.01.07

ヌイ・ダイスケのフラナビ・コラム

 Aloha kākou!
 フラ・ナビゲーター Nui Daisukeです。日本のフラ・ダンサーに、聴いて、観て、踊ってほしいオススメ曲をぼくが勝手に選ぶフラ・ソング・プレイリスト、シリーズ第3弾。これまでのコラムでご紹介した第1弾第2弾に続き、「フラ・ナビゲーター Nui Daisukeのおすすめフラ・プレイリスト3」のご紹介をさせていただきます。

 フラ・ソングのなかには、ハワイの島々にある実在の場所を舞台にした曲がたくさん存在します。今回はハワイ島にある山の山頂に住むと言われる女神をたたえるフラ・ソングを紹介します。

◎雪の女神のフラ・ソング

 冬になるとハワイでも雪が降る場所があります。ハワイ島マウナケア山の山頂です。マウナケアに雪を降らしているのは、「ポリアフ」という名前の女神だとハワイアンは伝えます。

 ハワイ神話の女神たちのなかでも、もっとも美しいとされるポリアフですが、彼女は”傷心の女性”です。かなわぬ恋に傷つく雪の女神の物語にインスパイアされたフラ・ソングが何曲も存在します。ここで代表的な曲をご紹介しましょう。

ポリアフ / カ・エハ・ケ・アロハ
Poliʻahu / Ka ʻEha Ke Aloha

Poliʻahu
 

Ka ʻeha ke aloha
 

 この動画のフラダンサーが踊るのは、「ポリアフ」と「カ・エハ・ケ・アロハ」。切ない表情で踊るこのフラソングがどんな歌なのか、歌詞の一部を見てみましょう。

「ポリアフ」

 ポリアフが流す涙
 愛に心を痛めて
 別れの悲しみ
 アイヴォヒクプア

 愛しい思い出
 去った日々
 愛する人はいない
 ここにひとりきり

 戻ってきて
 愛しい人

 「カ・エハ・ケ・アロハ」

 わたしはここ、愛しい人
 そびえ立つ山の頂
 冷たいリリノエの雨のなか
 凍てつくマウナケア

 涙が流れる、あなたを思い煩って
 涙が流れる、愛しくて

 「ポリアフ」の歌詞にある”アイヴォヒクプア”とは、ポリアフが愛したカウアイ島のプリンスの名前。そして「カ・エハ・ケ・アロハ」にある”リリノエ”はマウナケア山に降る冷たい霧雨の名前。リリノエはポリアフの妹の名前でもあります。ポリアフを踊るダンサーの衣装の色は、ほぼ例外なく白。もちろん雪をイメージしてのチョイスです。

 この2曲を書いたのは、クムフラ、カワイカプオカラニ・ヒューエット氏。歌詞にぴったりの切ないメロディーで、どちらもフラダンサーに大変人気の曲です。ヒューエット氏がハワイ語で書くハワイ神話の女神たちに捧げる歌は、多くのハワイアン・アーティストたちによってレコーディングされ、フラダンサーに愛されています。

 ここでもう一曲、ヒューエット氏がマウナケアの雪の女神に捧げて書いた最新のポリアフ・ソングのヒット曲を紹介しましょう。フラダンサーに人気のハワイアン・バンド、ワイプナがレコーディングして数々の音楽賞を受賞した曲です。作者であるヒューエット氏本人が踊る映像を観てください。

エ・イケ・イ・カ・ナニ・ア・オ・ポリアフ
E ʻIke I Ka Nani A O Poliʻahu

●E ʻIke I Ka Nani A O Poliʻahu


 美しいあの女性(ひと)はポリアフ
 寒空の下、マウナケアの雪のなか

 崇め讃えられる女性
 あなたを飾るマーマネの花、パリラ鳥のお気に入り

 あなたの愛が霧のように心を包む
 雲にまもられた静かな場所で

 マーマネはマウナケアの山腹で見られる黄色い花、そしてパリラ鳥はマーマネの実に集まる頭の黄色い小鳥。どちらもマウナケアの象徴的存在です。

 標高4205メートル、ハワイ最高峰の山マウナケア(Mauna Kea)は白い(Kea)山(Mauna)という意味。古くはマウナ・ア・ヴァーケア(Mauna A Wākea)と呼ばれていたと言われています。ハワイ人類の父神である空の神ヴァーケアの山、というわけです。その昔、神の領域にもっとも近いマウナケアの山頂には、位の高い王族しか訪れることが許されなかったそうです。

 冬にハワイ島ヒロ行きの飛行機に乗ると、マウナケアを横切る機内から同じ視線の高さで雪に包まれた山頂を見ることができます。ポリアフに思いをはせる絶好の機会です。

 Nui Daisukeセレクトのプレイリスト第3弾、 いかがでしたか?これからも、様々な角度からフラの魅力をみなさんにお伝えしていきたいと思っています。次回のフラナビ・コラムも、どうぞお楽しみに!

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top