ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
新オープンのおまかせ極上鮨をハワイで!

新オープンのおまかせ極上鮨をハワイで!

カパフル通りにオープンした噂の高級寿司店「鮨 銀座おのでら」。大間のマグロや肉厚アワビ、3時間かけて焼く玉子…感動〜!

公開日:2013.12.02

更新日:2017.06.14

編集後記ブログ

 アロハ! メグミです。
 カパフル通りに新しくオープンした鮨レストラン「鮨 銀座おのでら」に、ヨリエといっしょに行ってきました! 銀座の高級寿司がハワイでも味わえるとあり、オープン前からわくわくソワソワしていた私たち。期待を裏切らない、いや期待を相当に上回る感動的な体験でした〜。

IMG_4240_400.jpg

 メニューはすべておまかせで、前菜の小鉢からお刺身、焼き物、握りの順でサーブされます。やっぱり印象に残っているのは、大間のマグロ、しかもかなり上質なトロをにぎりで。半分だけ軽く炙ってあって、なんとも言えない香ばしさとふくよかな甘みが口の中で溶け合います。ああ、たまりません〜!

IMG_4241_400.jpg

 こちらはタコの桜煮。時間をかけてじっくりていねいに煮付けてあるタコは、口に入れるとホロホロっとほどけるほど柔らかく、外側はタコならではのツルンとした食感。そこに煮汁がしっかり染みこんでいて、これまた絶品です。お刺身や握りなど全てに感じたことですが、下処理に使われる塩などの素材、また薬味として添えられるちょっとしたものまで、すべてに時間と職人の技が惜しみなくかけられているんですね。鮮魚は日本各地からこの時期だけの旬を空輸したり、ハワイ産のものが厳選されたりと、その目利きは言うまでもなく素晴らしいのですが、その鮮魚をどう活かすかがプロの本領であり、目に見えないこだわりと手間が、仕上がったときに歴然とした違いを生むのだなあ…。と、美味しいお鮨をいただきながら、「プロとは」「仕事とは」と考えさせられるほど、なんだか刺激的なグルメ体験をしたのでした。

IMG_4259_400.jpg

 最後に出てきたのが、こちらの玉子。焼き目は香ばしく、中はふんわりスフレのような食感です。なんと、焼き上げるのに3時間かかるとか! 海老などの素材をすりおろして入れているそうで、オーソドックスな寿司屋の玉子焼きとは違った独特の味わいに、また感動…。この後デザートまでしっかりいただき、お腹も心もパンパン、大満足のディナーでした〜。

IMG_4263_400.jpg

 店主の松浦さん(右)と、この日私たちに極上のお鮨を握ってくださった水谷さん(左)。どうもありがとうございました!

 素敵な鮨ディナー体験には、事前予約がマスト。便利なウエブ予約のほか、電話でも受け付けています(808-735-2375)。お店の詳しい情報は、こちらをご覧くださいね!

 美食家が集まる銀座に2013年4月本格鮨屋を開店した「鮨 銀座おのでら」が「本物の鮨を世界に広めたい」という思いを胸にハワイに進出。海外一号店をカパフル通りにオープンした。ネタは銀座本店と同…

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top