ダイヤモンドヘッドの新トレイルに挑戦!

ダイヤモンドヘッドの新トレイルに挑戦!

久しぶりのダイヤモンドヘッド・ハイキング。2011年10月に作られた山頂への新トレイルもチェックしてきましたよ〜!

公開日:2013.06.06

更新日:2017.06.14

編集後記ブログ

 アロハ! メグミです。

 先週は私の家族と友人が日本からハワイ入りしていたので、一緒にダイヤモンドヘッド登山に出かけてきました! ダイヤモンドヘッドに登るのは久しぶりです。朝8:00過ぎに到着すると、パーキングはほぼ満車状態。大勢の人がトレイル入り口付近にいるのが見えました。やはりハイキングは朝出かけるのが人気なのですね。

IMG_3258_400.jpg

 ダイヤモンドヘッドはクレーターになっていて、トレイルはクレーターの内側にあります。最初はこのように、ゆるやかな登り坂が続きます。道路もしっかり舗装されていて歩きやすく、お気楽ハイキング気分です。

IMG_3259_400.jpg

 途中から道路がでこぼこしはじめます。振り返ると、このようにクレーターの向こう側にホノルルの景色が見えました。このあたりまで来ると、傾斜もやや急になり、道路も直線ではなくつづら折りになっています。

IMG_3261_400.jpg

 トレイル途中の見晴らし台で記念撮影は欠かせません! この見晴らし台は外に張り出しているので、ちょっとした肝試し気分を味わえますよ。ダイヤモンドヘッドは、その昔、アメリカ軍の監視基地として使用されていた歴史があり、その名残りがトレイルのあちこちに。この見晴らし台にも、当時の軍が使用していた重々しい機材があります。

IMG_3265_400.jpg

 ダイヤモンドヘッド登山といえば、頂上の直前に登場する心臓破りの階段が有名。傾斜が急で、道幅も狭いため、この階段でいつも渋滞になってしまうのがネックでした。それを緩和するため、2011年10月、頂上へ向かう別のコースが新たに作られたのですが、それが上の写真です。傾斜もそれほど急ではなく、道幅も広めなので、なかなか快適でしたよ。

IMG_3266_400.jpg

 ちなみに、従来の心臓破りの階段の先には螺旋階段があり、そこを登り切ると、かつて米軍の銃撃統制室だった場所に到着します。窓からは真っ青な海が! この狭い窓を抜けて外に出ると、頂上は目の前です。

IMG_3264_400.jpg

 頂上に到着〜! 360度パノラマの景色が広がります。ワイキキ方面を眺めると、緑豊かなカピオラニパークの向こうにはワイキキの摩天楼が。ワイキキビーチもこうして上から見下ろすと、コバルトブルーのカラーグラデーションが美しいですね〜。

 山頂まで片道およそ30〜40分のハイキング。初心者でもわりと気軽に登ることができ、絶景が眺められるので、おすすめです。みなさんもぜひ、トライしてみてくださいね!

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート alohastreet 新規会員登録キャンペーン
ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top