ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
早朝から深夜までハワイを丸ごと遊び倒す!

早朝から深夜までハワイを丸ごと遊び倒す!

せっかくのハワイ旅行、早朝から夜遅くまでめいっぱい遊び倒そう!滞在をもっともっとエンジョイするためのお役立ちアイデアをご紹介します!

公開日:2012.03.16

更新日:2017.06.14

ハワイ発プレミア情報誌アロハストリート

ttl.gif

m_ttl.gif

ドルフィン&ユー

m01.gif

 オアフ島西海岸のマカハは、夜明けとともに太陽が山から昇る美しい聖地。そんな景色とともにドルフィンスイムができる夢のようなプラン。5:15頃にホテルのお部屋へモーニングコールも。さぁ、一緒にでかけましょう。

dolphin you.jpg

特集記事はこちら⇒
クチコミはこちら⇒
予約はこちら⇒

戦艦ミズーリ記念館

m02.gif

  第二次世界大戦の終結の舞台となった戦艦ミズーリは海軍基地内にあります。手荷物の持込制限があるため、手荷物をBaggage Stora geに預けてから専用シャトルバス乗場へGO! バスは朝8:00より運行。

missouri.jpg

クチコミはこちら⇒
クーポンはこちら⇒
ご予約はこちら⇒

名門イルカ大学

m03.gif

 早起きした人だけのお楽しみ、ローカルに大人気の「レナーズ」の名物マラサダをゲット! その後は、イルカ先生やホヌ先生が待つ海で思い切り遊びましょう。ワイキキ出発は6:00頃となります。

irukachugaku.jpg

特集記事はこちら⇒
クチコミはこちら⇒
ご予約はこちら⇒

ニッポンレンタカー

m04.gif

 ワイキキDFS営業所は朝8:00、ホノルル空港カウンターは7:00よりオープン。ちょっと早起きして注目のオアフ島西側コオリナリゾート内での朝食や、ノースショアの「Sorp Factory」など、最近人気のドライブコースへ!

nippon rent a car.jpg

クチコミはこちら⇒
ご予約はこちら⇒

ワイキキトロリー

m05.gif

 8:25にDFS前始発のグリーンラインを利用すれば、ダイアモンドヘッドの早朝ハイキングやKCCファーマーズマーケット(土曜)も楽しめます。ピンクラインは9:30、レッドラインは8:45始発。目的に合わせて使いこなして。

tolorlly.jpg

クチコミはこちら⇒

n_ttl.gif

ワイキキ・スターライト・ルアウ

n01-new.gif

 一流シェフたちが腕をふるうディナーと、優雅なフラや迫力満点のファイヤーダンスが一度に楽しめる欲張りプラン。歓迎イベントは夕暮れ時の17:15から。心に残る一夜になること間違いなし。

luau.jpg

特集記事はこちら⇒
編集部の体験レポートはこちら⇒
クチコミはこちら⇒
ご予約はこちら⇒

ポリネシア・カルチャー・センター

m01-new.gif

 100名以上のキャストが登場する壮大なナイトショー「“ハァ”ブレス・オブ・ライフ」。日中はポリネシア諸島の歴史や文化を体験、日が暮れた後はディナーやダンスショーと、1日中楽しめます。

pcc.jpg

特集記事はこちら⇒
編集部の体験レポートはこちら⇒
クチコミはこちら⇒
クーポンはこちら⇒

ロイヤル・ハワイアン・シューティング・クラブ

n03.gif

 最終受付は22:30まで。なんだか遊び足りない気分の夜や、ストレス発散したい時にはもってこいのアクティビティです。身長140センチ以上なら子どもも参加OK。酒気帯びの方は入場不可なので気をつけて!

rhsc.jpg

編集部の体験レポートはこちら⇒
クチコミはこちら⇒
クーポンはこちら⇒

カラオケGSスタジオ

n04.gif

 年中無休、毎日朝4:00まで営業。パーティの2次会など団体利用にも対応可です。おいしいトロピカルカクテルなど、ドリンクメニューも豊富にご用意して待っています。必ずID持参の上、ご来店ください。

gs studio.jpg

クチコミはこちら⇒
クーポンはこちら⇒

シェフ・マブロ 美食フレンチ&夜景ツアー

n05.gif

ハワイで唯一のAAA5つ星レストランでハワイの新鮮素材を使ったコンテンポラリー・フレンチに舌鼓を打った後は、100万ドルの夜景と賞賛されるタンタラスの丘へ。大切な人とのとっておきの夜に。

mavlo.jpg
編集部の体験レポートはこちら⇒
ご予約はこちら⇒
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top