ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
Rainbow Kids第2弾ハワイの笑顔をレポート

Rainbow Kids第2弾ハワイの笑顔をレポート

被災地の子どもたちをハワイへ招待するレインボー・フォー・ジャパン・キッズ・プロジェクト第2弾。その様子をレポートいたします。

公開日:2012.01.05

更新日:2017.06.14

ハワイのイベント・レポート

 アロハ!ユカリン&リツコです。

 レインボー・フォー・ジャパン・キッズが行っている、日本の被災地の子どもたちをハワイへ招待しよう…というプロジェクト。その第二弾となる子どもたちが、昨年末にやってきました。今、ハワイだからこそできるサポートの一環として、未来を担う被災地の子どもたちを、自然豊かな癒しの島「ハワイ」に招待。自然の中で様々な文化、歴史などに触れ、ハワイの子どもたちと交流することで夢や希望を持って力強く歩いて行ってほしい…という願いを込めてのプロジェクトです。

IMG_5825.jpg

 今回参加したのは、岩手県と福島県から来た12歳〜15歳の中学生25名。津波で親御さんを亡くした子どもたちや、福島原子力発電所事故により避難を余儀なくされた子どもたちが含まれています。12月21日~12月29日の9日間、オアフ島とハワイ島に滞在しました。

Kahala01.jpg

 滞在中は、さまざまなプログラムを楽しんだ子どもたち。到着日には、ザ・カハラ・ホテル&リゾートへ行き、ドルフィンウオッチング。ハワイでの初日、かわいいイルカたちにお出迎えされました。みんなが手にしているカメラはソニー・ハワイから寄贈されたおそろいのカメラ「ブロギー」です。思い出に残る写真を、いっぱい撮れたことでしょう。

camp01.jpg

 
オアフ島ノースショアにある「YMCAキャンプアードマン」ではキャンプを体験し、ハワイ現地の子どもたちで構成されるBridge Club Hawaiiとの交流を深めました。

Halekulani01.jpg

 また、クリスマスイブだった24日には、ハレクラニホテルで海からカヌーでやってきたサンタクロースと遭遇!また、ホテル内でスペシャル・クリスマスパーティーも行われ、レストランでの食事を楽しんだそう。

BI02.jpg

 6日目~7日目にはみんなでハワイ島へ!キラウエア・ミリタリーキャンプへ行き、キラウエア火山国立公園見学などを体験。ハワイ島に暮らすチャータースクールの子どもたちとも交流を深めました。

BI01.jpg

 クムフラのケアラ・チンさんからフラも勉強。クムが被災地を想って作った曲、KU'U ONE HANAU Eもみんなで歌いながら、フラを練習。

 そして、最終日前日…。12月28日にハレコア・ホテルの敷地内、オーシャンフロントに位置するイリマ・ガーデンにて、今回のハワイ滞在を締めくくるパーティが開催されました。その時の様子がこちらです。

__ 3(2).jpg

 パーティの開催時間は、まさにサンセットタイム。キッズたちは、ここでも「ブロギー」を駆使してハワイの極上サンセットを撮影大会。大盛り上がりしながら、ハワイの自然からの贈り物に大満足の様子でしたよ。会場には、なんと、福島県出身で8歳の時に母親とハワイへ移住した、ホワイトハウスでハワイ選出の下院議員として、国政に携わるメイジー・ケイコ・ヒロノさんも駆けつけてくださいました。移住した時にひとことも英語が話せなかったというメイジーさんが、政治家としてアメリカで活躍する姿を、キッズたちは尊敬の眼差しで見つめていました。

 そして、メイジーさん自身も愛用中という、ホワイトハウスでしか売っていないというキーホルダーを全員にプレゼント。これにはキッズも大感激!

IMG_5829.jpg

 このほか在ホノルル日本国総領事の加茂夫妻やソニー・ハワイ社長の野村尚史さん、荒了寛住職も激励のスピーチをくださいました。真剣に話を聞くキッズたちの姿を見ていたら、将来この中からハワイで活躍する人が出てくるのでは?と、とても頼もしく感じました。

__ 3.jpg

 ハンバーガーやサラダというアジュアルなアメリカンフードを食べながら、マノアDNAのアレックスの演奏とサラ・ノイルさんによるフラのエンターテインメントに、ノースショアで一緒にキャンプをしたブリッジ・クラブのメンバーたちとレインボー・フォー・ジャパン・キッズも思わず踊りだして、パーティは大盛り上がりです。到着早々は、お互い知らない同士で表情も固かったキッズたちですが、この8日間で確かな「絆」が生まれた様子…。

__ 1(3).jpg

 パーティの最後にはキッズたちが感謝の気持ちを込めて全員でサプライズパフォーマンスとして「マル・マル・モリ・モリ」のダンスを披露してくれました。みんなが気持ちをひとつにして踊る姿に大感動です。そして、この後にはハナホウ(アンコール)で「上を向いて歩こう」も全員で歌ってくれました。ハワイのサポートメンバーたちは、大感激で拍手喝采!会場にいた全員がひとつになった瞬間でした。

 津波で親御さんを亡くした子どもたち、福島原子力発電所事故により避難を余儀なくされた子どもたち、すべてのキッズたちの笑顔が戻ることを願って。これからも「RAINBOW FOR JAPAN KIDS プロジェクト」の活動を応援していきたいと思います。みんな、また、ハワイへ帰ってきてね。

●前回ハワイへやってきたキッズたちのさよならパーティの様子はこちら⇛

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top