ハワイの最新現地情報が満載!

ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
日常に息づくハワイ語を学ぼう

日常に息づくハワイ語を学ぼう

公開日:2010.05.18

更新日:2017.06.25

ハワイ発プレミア情報誌アロハストリート

ハワイの文化は言葉に宿る ハワイ語を知ろう!

 ハワイの公用語は英語とハワイ語とされるが、日常会話をすべてハワイ語で過ごすという人は少ない。ただ、英会話の中にハワイ語がミックスされていることは多く、滞在中に耳にする機会も多いはずだ。響きがかわいらしく発音しやすいことから、日本人にもハワイ語の人気は高まっている。ここではちょっと楽しいハワイ語日常会話や、滞在中に見かけるハワイ語の看板の意味などをご紹介!好きなハワイ語のフレーズ
や単語を覚えて、ぜひ自分でも使ってみよう。

※以降、5回に分けて、特集「ハワイ語を知ろう!」をウエブサイトにて掲載します。
 ◆Lesson1 クムフラに学ぶ「ハワイ語」の大切さ
 ◆Lesson2 ハワイ語に込められたハワイの人々の価値観を学ぶ
 ◆Lesson3 ハワイ語入門
 ◆Lesson4 フラの動きに見るハワイ語
 ◆Lesson5 日常に息づくハワイ語を学ぼう

Lesson3ハワイ語入門学ぼうハワイ語基礎口座

滞在中に耳にするかも!ハワイ語のフレーズを使ってみよう
 
     
ALOHAは、本当に多くの意味を持っている言葉であいさつに欠かせません。「おはよう」なら「カカヒアカ」を、「こんばんは」なら「アヒアヒ」を付けます。日常では「アロハ!」だけを使うことも一般的です。 お礼の言葉はマハロ。街中でよく目にしたり聞いたりする言葉です。「マハロ ア ヌイ ロア」はていねいな言い方なので、覚えていると自慢できちゃうかも!?
 
     
「アウエー」は「さあ!」「いこう!」という意味の感嘆詞。歌の歌詞などにも多く出てきます。
アヒはまぐろ、ポケはハワイ風お刺身。滞在中にぜひご賞味あれ!
  コンサートやフラショーなどで耳にする「ハナホウ~!」は、アンコール! の意味。ロコと一緒になって大声で叫べば、気分はハワイアン~! ぜひ、お試しを。
     
滞在中にきっと目にするハワイ語のサインを知ろう
     

Keiki
ケイキ

 

Kalakaua Ave.
カラーカウア大通り

ケイキ   カラーカウア大通り
ケイキ=子ども。ケイキ・フラは子どもによるフラ。
レストランのケイキ・メニューはお子様メニューのこと。ヤギやラマにさわれるワイキキ動物園のケイキ・ズーは子どもと一緒に楽しめます!
  王族の名前がそのまま道路の名前として残っていることが多いハワイ。カラーカウア王をはじめクヒオ王子、リリウオカラニ女王に由来する道路名がワイキキで見られます。
     

Waikiki
ワイキキ

 

Mahalo
マハロ

ワイキキ   マハロ
ワイは水、キキは湧き出るところ。ワイキキ(厳密にはワイキーキーと発音します)は昔、水が湧き出る湿地帯でハワイ王朝の保養所でした。ちなみにワイキキの北側を流れるアラワイ運河は、アラ=道路、ワイ=水で「アラワイ=水路」の意味。   マハロは「ありがとう」の意味で、日常とても頻繁に使われます。「アロハ! 」で始まり「マハロ」で終わるロコのメールはハワイらしさ満点! あなたも真似してみませんか?
     

Ma uka , Ma kai
マウカ、マカイ

 

Kane,Wahine
カーネ、ワヒネ

マウカ、マカイ   カーネ、ワヒネ
ロコは自然に使っている言葉。マウカは「山側」、マカイは「海側」。アラモアナセンターのフードコートは1Fの海側にあるから「マカイ・マーケット」。納得ですね!   カーネは男性、ワヒネは女性。トイレの表示などに使われます。ハワイ大学女子スポーツチームは「レインボー・ワヒネ」と呼ばれ、地元の人々に絶大な人気を誇ります。
     
ほかにもまだまだあるよ!知っていると役立つハワイ語

レストラン編

■ i'a lomi:イッア・ロミ
ロミロミ・サーモン。サーモンのオードブルのこと。ロミは「揉む」の意味。塩もみした料理などに使われる。
  ■ laulau:ラウラウ
豚などをタロイモの葉とティーリーフで包み蒸し焼きにしたもの。
■ poke:ポケ
お刺身をぶつ切りにして、しょうゆやごま油、海草と和
えたもの。素材や味付けなど種類豊富。
  ■ pua'a kalua:プアッア・カールア
豚の丸焼き。屋外で土を掘って火をおこし、その上に豚を吊り丸
ごと焼いたもの。カルア・ピッグとも呼ばれる。
■ kope:コペ コーヒー   ■ pia:ピア ビール
■ 'ahi:アヒ マグロ   ■ aku:アク カツオ
■ mahimahi:マヒマヒ シイラ(魚)   ■ limu:リム のり(海草)
■ 'ono:オノ おいしい   ■ pupu:プープー おつまみ、前菜
■ 'opakapaka:オーパカパカ ヒメダイ    
     

色の名前編

   
■ 'ula'ula:ウラッウラ   ■ uliuli:ウリウリ
■ 'alani:アラニオレンジ   ■ melemele:メレメレ黄色
■ palaunu:パラウヌ茶色   ■ 'ele'ele:エレッエレ/黒
■ poni:ポニ   ■ ke'oke'o:ケッオケッオ/白
■ 'oma'oma'o:オーマッオマッオ   ■ 'akala:アーカラピンク
     

監修にご協力いただいた方々

キモ・アラマ・ケアウラナキモ・アラマ・ケアウラナ
Kimo Alama Keaulana

ハワイ語言語学教授でありメリーモナークなどの審査員としても知られるマスタークムフラ
  ミイラニ・クーパーミイラニ Y . クーパー
Mi'ilani Y. Cooper

ハワイ大学ハワイ学科卒、ハワイ大学言語学科修士課程修了。ハワイ州のハワイ語教育に携わる経験を持ち、ハワイ語での日常会話も堪能。アンティ・マイキのフラを継承するクムフラ、メイ・カママル・クラインの元、指導者としてフラを学び、2006 年8月にウニキを経てクムフラとなる。カネオヘ在住。日本にてフラハラウ「キヘネプアウルヴェヒ」を主宰。
公式ウエブサイトはこちら>>

アロハストリート2010年春号に掲載した記事です。

●日本では定期購読にてアロハストリートをご購入いただけます。
ハワイの「今」をどこよりも早くキャッチできるマガジンを日本でもお楽しみください。
定期購読のお申し込みはこちら *定期購読のお取り扱いはFujisan.co.jpで承っております
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top