ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
ホロホロおでかけ隊 クッウラのお話編2

ホロホロおでかけ隊 クッウラのお話編2

公開日:2009.11.30

更新日:2017.06.25

ハワイ発プレミア情報誌アロハストリート

サムとマカのホロホロおでかけ隊

クッウラのお話編 Part.2

Aloooooohahaha! ハワイのサムとマカ・モナハンです!最近の旅はハワイの自然に出会ってきましたが、今回の旅は神様を感じる所へ行きたいと思っています。神様はどこにもいると信じられていますが、今回の旅は昔のハワイ人が特別に感じた神様の力が宿るヘイアウへ向かいます。
サム・モナハンサム・モナハン
バハマ生まれの陽気な南国男。高校留学で横浜に住んでいた経験あり。今も世界中を旅し続ける自由人。ハワイの自然とアートとビールが大好き。ひとり息子のマカと一緒に遊ぶのが一番のお仕事。
 息子のアイッアイが健康に育ち、神様に祈りをしたり、まじめな青年に成長してきた時に、変わったことが起きました、クッウラの池に魚の数が減ってきたのです。ある日、朝の太陽が出てくる前にその犯人を池の中で発見しました。毎朝大きなプヒ(ウツボ)が、クッウラの池に入って魚を食べていたのです。
  クッウラは知らなかったのですが、このプヒはとなりの島のモロカイ島の人々の守り神で、「コオナ」と呼ばれていました。モロカイ島で悪いサメと戦ったこともあり、モロカイ島の人はコオナにいつも感謝していました。

クッウラ

 これを知らないクッウラは、深い海の中にコオナの家を見つけて、自分で退治することに決めましたが、息子の勉強のためにとアイッアイに任せることに決めました。クッウラの息子アイッアイは、まだひとりでやっつけることができないので、村の人を呼んで大きなプヒを倒すプランを作りました。

深い海の中

  村の人々は、アイッアイに言われた通りにプヒを陸に運んで、アイッアイが三つの石で殺しました。マウイ島のレホウラのビーチでは、この大きな三つの石を見ることができます。
  このできごとにより、まだ青年のアイッアイがお父さんのようにすばらしい魚釣りになると、村の誰もが思って、彼はとても有名になりました。

海

 その後、モロカイ島でこの大きなウツボの世話をしていた「カフ」が、夢の中でマウイ島のハナ村でコオナが殺されたことを感じました。さっそく自分の目で確かめることを決めて、マウイ島に渡ってマウイの王様のアリッイと仲良くなって数年か働きました。アリッイのために働いている間に、クッウラとヒナの息子のアイッアイがコオナを殺したことを聞いて、この家族に仕返しすることを決めました。

 ある日クッウラは、このカフにアリッイのために魚をあげました。「魚の頭を取ってから塩に漬け、焼いてください」とクッウラが言ったのに、悪いカフはアリッイに「クッウラがアリッイの頭を切り取り、あなたの体を塩に漬けて焼くべきだと言った」と嘘をつきました。アリッイがすごく怒って、クッウラの家に火をつけ、彼とヒナとアイッアイを焼くようにカフに伝えました。カフは喜んでクッウラの家を燃える木で囲みました…。

※このコラムは、アロハストリート2009年秋号に掲載された「サムとマカのホロホロおでかけ隊/第3回クッウラのお話」の全編レポート(ほぼ原文まま)です。ウエブサイトでは、3回にわけて全文を掲載します。

【関連コラム】

【関連記事】

●日本では定期購読にてアロハストリートをご購入いただけます。
ハワイの「今」をどこよりも早くキャッチできるマガジンを日本でもお楽しみください。
定期購読のお申し込みはこちら *定期購読のお取り扱いはFujisan.co.jpで承っております
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top