ハワイの最新現地情報が満載!

キッズが主役 感動のネイチャー探検

キッズが主役 感動のネイチャー探検

公開日:2009.09.16

更新日:2017.06.25

ハワイ発プレミア情報誌アロハストリート

キッズが主役!家族でハワイ

03感動と驚きに満ちた、ドキドキのネイチャー探検

海と山、両方の魅力が簡単に堪能できるハワイ。熱帯雨林を歩いたり、小高い丘を登って真っ青な海を一望したり、花や動物や魚やカメを間近で見たり。
サーフィンや乗馬だってよくばりにトライ!
日本では絶対にできない大興奮のワクワク体験を実現してみよう!

パイナップル畑で迷路や電車に大興奮!

ドール・プランテーション
Dole Plantation Hawaii

詳細はこちら>>

広大なノースの大地に青い空。トロピカル・ガーデンを散歩したり、電車に乗ったり、世界最大の迷路で遊んだり。パイナップルってこんな風になってるの?と大人も一緒に大興奮! 定番のパイナップル味のソフトクリームはマストアイテムだ。

キッズだって簡単!やっぱりサーフィン! 体重の軽いキッズほど、案外簡単にボードに立ててしまうのが不思議。ファミリーレッスンも充実したアンプ・サーフレッスンは、日本語で懇切ていねいに教えてくれるから、初めてでも皆が大成功なのだ。

アンプ・サーフレッスン
Amp Surf Lesson

詳しくはこちら>>

小さいながらも貴重な展示がたくさん! 1904年設立の歴史ある水族館は、太平洋の海洋生物研究においてとても重要な存在。華やかなショーなどはないが、きれいにディスプレイされた水槽には、カラフルなトロピカル・フィッシュやサンゴなどがいっぱいでハワイらしさ十分だ。

ワイキキ水族館
Waikiki Aquarium

詳しくはこちら>>

イルカに会える!海のテーマパーク イルカやペンギン、アシカなどのショーも楽しめる、規模の大きな水族館がこちら。ワイマナロの美しい海をバックに、
イルカと遊べるアトラクションもある。実際に海の生物に触れられるので、子どもは大喜びだ。

シーライフ・パーク
Sea Life Park

詳しくはこちら>>

のんびり、ほのぼの。自由度最高の動物園 年間60 万人が訪れるという、隠れた超人気スポットだ。園内はどこものどかな空気が流れていて、リラックスして楽しめる。ウサギなどの小さな動物に触れることができるケイキ・ズーでは、子どもたちが大喜び!

ホノルル動物園
Honolulu Zoo

詳細はこちら>>

ワイキキを一望すれば一生忘れない感動に! 1800年代後半から1940年にかけて砂糖きび畑で働くために訪れた移民の生活を現在に伝える博物館。ハワイの学校行事でも訪れる定番のスポットだ。ハワイが今のような多文化同居型の社会になった歴史を楽しく学ぶことができる。

ダイヤモンドヘッド登頂

料金 登山料$1
静寂の森から滝へと続くエコ・ウォーク ワイキキからもほど近いマノアの森は、マイナスイオンが豊富な場所として注目のスポット。爽やかな緑の木立を抜けると、そこに滝があらわれる。親子のふれあいをじっくり楽しむのにピッタリだ。ガイド付きのツアーも安心。

タンタラスと熱帯雨林
マノア滝ハイキングツアー

詳しくはこちら>>

大自然で乗馬体験。海も山も欲張りに満喫! 東京ドーム450 個分という桁外れな広さの大自然を楽しめるのがクアロア。ジュラシック・パークの舞台にもなった場所で、海と山のアクティビティを両方楽しめるのが何よりもうれしい。大人も童心に戻って遊べる。ツアーは半日と1日の二つだが、毎日12:00から3~9歳を対象とした子ども乗馬を実施している(料金は$5)。またビジターセンターではカフェテリアで昼食が取れ、ギフトショップもあり。ノースショア観光へのトイレの休憩所としても利用できる。
クアロア・ランチ
Kualoa Ranch

詳しくはこちら>>

多彩なトロピカル・フラワーに感激! マノアの滝と同じロケーションにある壮大なスケールの熱帯植物園。ありとあらゆるトロピカル植物が棲息するジャングルのような趣きは、探検精神をかきたてる。自然の大切さをキッズと一緒に肌で感じられる場所だ。

ライアン植物園
The Lyon Arboretum and Botanical Garden

詳しくはこちら>>

住所: 3660 Manoa Road、Honolulu
電話:  808-988-0456
料金: 寄付金として$5

大興奮!ウミガメがすぐ目の前に 「るるぶハワイ・ベスト25」特選ツアーにも選ばれた人気のツアー。ネイチャーガイドの引率で、ノースショアの史跡を歩き、歴史のロマンと美しい自然に触れる。ワイメア渓谷ではロノと呼ばれる神殿跡を観賞し、古代ハワイアンの住居跡やお供え物をささげた神聖なスポットを訪れる。園内は舗装されているのでベビーカーでの参加も可能。その他、海ガメの甲羅干しスポット、ハレイワタウン散策をしてワイキキに戻るお出掛けツアーだ。
ワイメア渓谷ハイク&ノースショア
Northshore Eco Tour

詳細はこちら>>

【関連記事】

・ 家族でハワイ 先輩に聞くお役立ちヒント(前編)
・ 家族でハワイ 先輩に聞くお役立ちヒント(後編)
・ キッズが主役 まずはハワイアンカルチャー
・ キッズが主役 楽しみながら歴史をお勉強
・ キッズが主役 時間を忘れるご飯タイム

※アロハストリート2009夏号に掲載した記事です。

●日本では定期購読にてアロハストリートをご購入いただけます。
ハワイの「今」をどこよりも早くキャッチできるマガジンを日本でもお楽しみください。
定期購読のお申し込みはこちら *定期購読のお取り扱いはFujisan.co.jpで承っております
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top