ハワイの最新現地情報が満載!

ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
花と緑に出会う旅1 お花見に行こう

花と緑に出会う旅1 お花見に行こう

公開日:2009.04.14

更新日:2017.06.25

ハワイ発プレミア情報誌アロハストリート

花と緑に出会う旅

ハワイの街にはカラフルな花があふれている。今回、編集部が挑戦したのは、花咲く季節を満喫するお花見マップづくり。
カメラ片手に、色鮮やかなトロピカルフラワーを見に出かけよう!

※マップは細部を省略したイメージマップです。距離感などが実際と異なる場合がありますので、ご了承ください。マップ上の番号をクリックすると、その場所の説明部分にジャンプします。

レイスタンド

1.レイスタンド

昔、客船でハワイに到着する人々をレイで出迎えたため、アロハタワーにほど近いチャイナタウンにレイスタンドが多いと言われている。花の種類、組合せ、編み方などによって値段も様々。贈る機会や相手によってTPOも考えよう。

↑マップに戻る

2.パンチボウル

市内観光で立ち寄ることも多いが、ブーゲンビリアが群生する姿は見事。
プルメリアやさまざまな熱帯植物も楽しめる。

↑マップに戻る

3.プナホウスクール

オバマ大統領が卒業した名門校は、学校を囲む塀沿いに夜でないと花開かない月下美人が大量に咲くことで有名。見頃は6月から7月。タンタラスの丘は5月から。

↑マップに戻る

キング通り

4.キング通り

サウスキング通りの両端には華やかな花をいくつも咲かせて、桜を彷彿とさせるシャワーツリーが豊富に植えられている。春から夏にかけて、白やピンク、黄色など、木によっていろいろな色の花を咲かせてドライバーの目を和ませてくれる。

↑マップに戻る

フォート・デ・ルッシー公園

5.フォート・デ・ルッシー公園

ワイキキ中心部から徒歩ですぐの距離だが、軍の管理できれいに造園されている。ハイビスカスやブーゲンビリア、シャワーツリーほか、バードオブパラダイスなど熱帯の植物も気軽に満喫できてしまう。毎朝の散歩コースにもぴったりだ。

↑マップに戻る

6.ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ

忙しい旅の間、何気なく過ごしているホテルも、気にしてみれば花や緑の宝庫。ていねいに手入れされたガーデンをゆっくりと見ながら散策を楽しめば、新しい発見の連続!

↑マップに戻る

KCCファーマーズ・マーケット

7.KCCファーマーズ・マーケット

カピオラニ・コミュニティ・カレッジの駐車場を利用して毎土曜に行われるマーケットでは、オーガニックの野菜や農産物のほかに、オーキッドの鉢植えやトロピカル・フラワーの切り花などが驚くほど安く手に入る。滞在中、ホテルの部屋に飾れば、自宅気分で過ごせるかも。

↑マップに戻る

マノア・マーケットプレイス

8.マノアマーケット・プレイス

山々に囲まれた特異な立地にあり、静寂と360 度の緑の景色に心がスーッと洗われるエリア。

↑マップに戻る

ダイヤモンド・ヘッド・ロード

9.ダイヤモンド・ヘッド・ロード

カピオラニ公園を抜けると道の両端や坂の途中に住民が育てたカラフルな花が目に飛び込んでくる。海が見渡せる坂の上まで来ると、知る人ぞ知るトロピカル・ガーデンが! ありとあらゆる種類の植物が植えられて、年中、彩り豊かな花が咲き誇る。

↑マップに戻る

カピオラニ公園

10.カピオラニ公園

ダイヤモンドヘッドから下りてきて、ホノルルマラソンのゴールへの入口付近には、春から夏、シャワーツリーが咲き乱れる。ピクニック気分でお弁当を持参して、花を見ながらウクレレを弾いたり。そんな気ままな過ごし方が似合う場所。

↑マップに戻る

カピオラニ・ビーチ~クイーンズ・ビーチ

11.カピオラニ・ビーチ~クイーンズ・ビーチ

まるで熱帯植物園のように、ありとあらゆる樹木が林立して人々に爽やかな木陰を提供している。ワイキキ水族館付近には伝説でお馴染みの海のナウパカが群生。

↑マップに戻る

スーパーマーケット

大型スーパーの中には、たいてい小さなフラワーコーナーが併設されている。買い物のついでにのぞいてみれば、レイや贈答用のフラワーアレンジメントを見ることができる。

フラワー・ショップ

切り花や贈答用のアレンジものを扱うフラワーショップでは、やはりトロピカル・フラワーの存在感が大きい。日本とはまったく違う色や形の花たちを見に、フラッと花屋さんをのぞいてみるのも楽しい。

花が見られるオアフ島の植物園ほか

フォスター植物園/Foster Botanical Garden

フォスター植物園 チャイナタウンの北にある本格的な植物園。1853年開設とオアフ島で最も古く、現在はホノルル市が運営している。樹齢150年の巨木が点在し圧巻。オーキッドのコレクションでも有名だ。年間75,000人が訪れるという静かな人気スポットである。


入場料: 大人$5 子ども(6~12才)$1 ※5才以下無料
営業時間: 9:00~16:00 無休(クリスマス、正月除く)
電話: 522-7066
住所: 50 N. Vinyard Blvd
クチコミ情報はこちら⇒

↑マップに戻る

ライアン植物園(ハワイ大学付属施設)/
The Lyon Arboretum and Botanical Garden

ライアン植物園全米で唯一、大学の施設として運営されている熱帯雨林の植物園。雨の多いマノア地域だけに緑も濃く、深い。ジャングルのようで、とにかく迫力満点だ。ゆっくり見れば半日かかるほどの広さだが、トレイルは無数にあり滝を見るコースも人気。


入場料: 寄付金として$5
営業時間: 8:00~16:00(月~金) 9:00~15:00(土) 日・祝休
電話: 988-0456
住所: 3860 Manoa Road

↑マップに戻る

ビショップ博物館/Bishop Museum

ビショップ博物館ハワイを中心とするポリネシア全域の歴史や文化に関する遺産が展示される
貴重な存在。広い敷地では、色鮮やかな花や果実を間近で観賞できる。自
然と共に生きてきた人々のライフスタイルを学び、体験できるガーデン&クラフト
ツアーもおすすめ。


ツアーは火、木、土曜日(クリスマスを除く)
送迎つき 大人・子ども(4~12 才) $40 ※料金には入館料($15.95)を含む
電話: 847-8291
詳しい情報はこちら⇒

↑マップに戻る

ミッションハウス博物館/カワイアハオ教会
Mission Houses Museum/Kawaiahao Church

ミッションハウス博物館19 世紀初頭の宣教師の家を保存したミッションハウス博物館や、オアフ最古の教会、カワイアハオ教会のガーデンには熱帯植物がいっぱい。近隣の宮殿や州立美術館も徒歩圏内。史跡や美術、花と植物を求めて、春の散策を楽しんでみてはいかが?


入場料: 大人$10 学生$6(6才~大学生)
営業時間: 10:00~16:00 日、月、祝休
電話: 447-3910
住所: 553 South King St
クチコミ情報はこちら⇒

↑マップに戻る

ココ・クレーター・植物園/Koko Crater Botanical Garden

入場料:無料
営業時間:日の出から日没まで(12月25日、1月1日を除く毎日)
電話:522-7063
住所:Kealahou St., Inside Koko Crater
クチコミ情報はこちら⇒

ホオマルヒア植物園/Hoomaluhia Botanical Garden

入場料:無料
営業時間:9:00~16:00(12月25日、1月1日を除く毎日)
電話:233-7376
住所:45-680 Luluku Rd, Kaneohe
クチコミ情報はこちら⇒

ワヒアワ植物園/ Wahiawa Botanical Garden

入場料:無料
営業時間:9:00~16:00(12月25日、1月1日を除く毎日)
電話:522-7060
住所:1396 California Ave, Wahiawa

オアフ・アーバン・ガーデン・センター/ Oahu Urban Garden Center

入場料:無料
営業時間:月~金 9:00~14:00
電話:453-6050
住所:962 Second St, Pearl City

セナター・フォング・プランテーション&ガーデン/
Senator Fong's Plantation and Gardens

入場料:無料
営業時間:9:00~16:00(12月25日、1月1日を除く毎日)
電話:522-7060
住所:1396 California Ave, Wahiawa

ドール・プランテーション/ Dole Plantetion

入場料:ガーデン迷路大人5.00ドル、子供(4~12歳)3.00ドル、3歳以下無料
パイナップル・エクスプレス:大人7.50ドル、子供5.50ドル、3歳以下無料
ギフトショップ入場無料
営業時間:9:30~17:30(ガーデン迷路~17:00、パイナップル・エクスプレス~17:00)(12月25日を除く毎日)
電話:621-8408
住所:64-1550 Kamehameha Highway, Wahiawa
詳しい情報はこちら⇒

【花と緑に出会う旅 連載記事】

  • 写真を撮りに行こう花と緑に出会う旅
  • 花と緑に出会う旅2 自然を歩こう
  • 花と緑に出会う旅3 花と緑のストーリー
    • 特集連動「フォトコンテスト」実施中!

      特集のテーマにあったすてきな写真が取れたなら、ぜひ編集部にお送りください。優秀作品にはアロハストリート秋号よおびウエブサイトに掲載させていただくほか、デジカメなどの記念品をさしあげます。※「花と緑に出会う旅編」は、応募を締め切らせていただきました。

      詳しくはこちら⇒

      ●日本では定期購読にてアロハストリートをご購入いただけます。
      ハワイの「今」をどこよりも早くキャッチできるマガジンを日本でもお楽しみください。
      定期購読のお申し込みはこちら *定期購読のお取り扱いはFujisan.co.jpで承っております

      ※アロハストリート2009春号に掲載した記事です。

      • この記事をあとでまた
        みたい場合は、
        マイページにクリップ!
      • クリップする

      この記事をお友達にシェアしよう!

      アロハストリート•マガジン

      page top