ハワイの最新現地情報が満載!

ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
ホロホロおでかけ隊 アフプアッア2

ホロホロおでかけ隊 アフプアッア2

公開日:2009.04.07

更新日:2017.06.25

ハワイ発プレミア情報誌アロハストリート

サムとマカのホロホロおでかけ隊

アフプアッア編 Part.2

 アロ~ハ!! サム・モナハンのコラムへようこそ!僕はこのコラムでハワイを巡りながら、ハワイのマナ(魂)を伝えたいと思ってます。出来るだけハワイの基本を残しながら、僕が感じたマナを日本語で伝えてみますが、もし間違えている事がありましたら通訳さんのせいにして下さい(実は僕がその通訳さんです…)。そして僕と一緒に、このミニ旅に参加してくれてる小さな仲間を紹介します。

サム・モナハンサム・モナハン
バハマ生まれの陽気な南国男。高校留学で横浜に住んでいた経験あり。今も世界中を旅し続ける自由人。ハワイの自然とアートとビールが大好き。ひとり息子のマカと一緒に遊ぶのが一番のお仕事。

●今回のおでかけ
全行程:約7キロ
かかった時間:約半日

サムとマカ

 今、ハワイは冬とも呼ばれますし、雨期と呼んでもいいけれど、実はハワイ語でマカヒキ(Makahiki)と言います。マカヒキは10、11月頃~2、3月までの三つの満月が通る4カ月間のことです。マカヒキは、空にマカリッイ星(日本語で昴星)が夕日からまっすぐ東に夕暮れ時に見えて来た時の、初新月から始まる祭りで、新月から三つの満月を数え、また月が消えるまで続いていました。昔のハワイはルールが多くて戦争も多かったですが、マカヒキの間は、ハワイの平和の神様「ロノ」の時期で戦争は禁止になり、ルールは緩くなりました。ロノは、天から美しいラカ(森の女神様)を見かけて、地球まで虹で降りて来た雨のような男。生き物の神様です。ラカは火山の女神様ペレの妹で、ペレが通った後の黒い溶岩から生まれてくる赤いレフアの姿にもなり、フラや豊饒の女神様として知られています。

このマカヒキの時期に、昔のアリッイ(王様のような人)は島やアフプアッアを一周歩き回り、土地の健康状態を自分の目で見て回りました。それで今回は僕と息子のマカちゃんのマカヒキ旅は、ワイキキの海からマノアの山までのアフプアッアを歩いて行きたいと思ってます。

 僕たちの初めての旅は、ワイキキの近くの海から始めました。地図を見ると、海の中にある珊瑚に青い深い水の道が陸から流れているのが見えます。この深い部分は昔の川が海に流れていた場所です。珊瑚は海の植物なので真水の中には生きられないため、川が流れている所には育ちません。今のワイキキにはビルが多くなり、昔流れていた川の姿を見かけなくなりましたが、ビルなどの上から見ると、海の珊瑚がいまだにその川があった場所には育っていません。 ここでサーファーたちに秘密を教えます、浅い珊瑚の横に深い海があると、きれいに割れる波が見つかります。今、川が流れてなくても、珊瑚の形が変わってなければ、最高に良い波が来る場所だよ!

ツーショット

 僕とマカちゃんは、海沿いのアラワイ運河が太平洋に流れているヨットハーバーとヒルトン・ハワイアン・ビレッジの前にいます。ここの海に流れている茶色い水は、山の上では木々に命を与える青い雨水でしょ。海は自然で山も自然だけど、海と山の間に町が出来て、それを通り抜けながら自然の調子も住んでいる人間の調子もチェックしてみます。
 最初は、砂浜に落ちている木(歩き棒)を海に浸します。これは後で山の奥の川に入れるつもりです。水が上から下に流れるのは当たり前ですが、今日は下にある海水を山の上に連れてってあげます。そうすれば海も喜ぶでしょ。
 背中に担いでいるバックパック()に必要な物が全部入っています。最後に背中に一番の宝物、そして一番重いマカちゃんを乗せます。今回使っているバックパックは軽い子供に使うと楽ですが、ちょっと重い子どもならベビーカーにのせた方が楽です。

 海風がさっぱりして、塩の香りがする。散歩の最初の5分は、海沿いでヨットが周りにゆっくり浮いている。そこからアラモアナ通りに出ると、山が見えないぐらいにビルが多くて、車が早くあちこちに急いでいる。でも天気は良くて、途中の公園で遊びながらとことこっと山へ向かいます。

バックパックに準備するもの
最初は準備が大切です(特にお子さんがいる方)。下のリストは、チョットした散歩の時のサムのオススメの持ち物です。連れて行く子どもの年齢によって、おむつや特別のおやつを考えて下さい。

  1. 子ども用バックパック、ベビーカー
  2. お水
  3. つまみ、バナナ、オレンジ、三度位置(サンドウィッチ)、ピーナッツ、パン、蜂蜜
  4. 子供用の日焼け止め
  5. スニーカー
  6. $2(疲れてたら帰りはバスで)。逆もオススメです。行きの山までは大変なのでバスで行って、帰りは下り道なのでワイキキまで景色を見ながら散歩。
  7. 着るもの(僕) 短パン、Tシャツ、帽子、サングラス、携帯電話、カメラ(手の届きやすい所に入れる)、ゴミ袋(万が一大雨になったときのため)

●今回のダジャレ
三度位置(サンドウィッチ)

※このコラムは、アロハストリート2009年春号に掲載された「サムとマカのホロホロおでかけ隊/アフプアッア」の全編レポート(ほぼ原文まま)です。ウエブサイトでは、4回にわけて全文を掲載いたします。

【関連コラム】

●日本では定期購読にてアロハストリートをご購入いただけます。
ハワイの「今」をどこよりも早くキャッチできるマガジンを日本でもお楽しみください。
定期購読のお申し込みはこちら *定期購読のお取り扱いはFujisan.co.jpで承っております
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top