ハワイの最新現地情報が満載!

第28回 「豪華ゲストも登場! 夏のアロハ萌え」

第28回 「豪華ゲストも登場! 夏のアロハ萌え」

公開日:2007.09.26

更新日:2017.06.25

橋口いくよのHAWAII IN JAPAN - アロハ萌え

Title
第28回 「豪華ゲストも登場! 夏のアロハ萌え」

 ただいまハワイと遠距離恋愛中の橋口いくよです。いつもハワイの事が頭から離れず、ハワイに会いに行く時には全身全霊で向かう私。恋焦がれております。私のように、そして私以上にハワイ好きな人たちの為に「ハワイに行けない間も日本でいかにハワイを感じて過ごすか」ということをテーマに、毎回様々なことを紹介していこうと思っています。料理あり、レポートあり、妄想ありの誰にも止められないこのコーナー! ぜひ一緒に、全力で HAWAII IN JAPAN しましょう!

 今年の夏は、というか元々の習性からあまりここのところ出かけなかった私。それでも、「アロハ萌え」は忘れていませんよ! ハワイ・イベントに行ったり、スパむすを作りまくって配ったりと、「アロハ萌え」していました。

橋口いくよ
橋口いくよ(はしぐち・いくよ)
小説、エッセイ、コラム、ノベライズなどの、物書き。
まあ「Sex and the City」のキャリーみたいな生活ですね。嘘です。全然違います。わりとインドア派でありながら、年に1度、ものすごくラッキーな時で2度ほどハワイに行って「アロハ萌え」をするのが楽しい。日本でハワイのことを考えて「アロハ萌え」するのも楽しい。結局いつも楽しい日々。

愛の種」、「蜜蜂のささやき 幻冬舎文庫」、「チルソクの夏ノベライズ」、「水平線の光の中、また逢えたら」another「亡国のイージス」ジョンヒ~静かなる姫~、「皇帝ペンギン」、「西遊記ノベライズ」、小説「結婚できない男」、小説「僕は妹に恋をする」が著書にある。

雑誌「ダ・ヴィンチ」で新連載も始まりました!
詳しくはオフィシャルサイトをチェック!
オフィシャルサイト http://www.seeds-of-love.jp

★初ハワイエッセイ「アロハ萌え」講談社文庫より好評発売中!!

★アロハ萌えスウィッチ・オン!
 「あーあ。この夏、どっこも行ってない」。

 行かない自分が悪いのに、微妙に愚痴っぽいことを思ってしまう7月下旬。すっかりだらだらモードの私でした。そこへ、ヨコハマ・ハワイイ・フェスティバルにアロハストリートがブースを出すという情報が入ってきたのです。

 「行きたい! 行きたい! 応援に行きたい!」

 あっさりやる気が出た私は、当日はレンタカーを運転し、どうせ横浜の方に行くならと、コストコにまで寄る始末。このやる気が、なぜつい最近までなかったのかと疑問に思いますが、しょうがなかったんですよ。世の中暑いんだもん。ハワイじゃないのにすげー暑いんだもん。


 でも、「アロハ萌え」欲を満たすためには、はりきって出かけてしまうものなんです。そうやって出かけたヨコハマ・ハワイイ・フェスティバル! 会場に到着したはいいが、なかなかアロハストリートのブースにたどりつけません。


 私が悪いんですけどね…。

 まわりに気を取られ過ぎて寄り道ばかり。大好きなエビを発見して食べたり、かわいいエプロンを買ったり、あげくの果てには前々から気になっていたハワイアン・ウォーターの契約までしてしまって、一生たどり着けないかと思ってしまいました。


 なんとかたどり着いたアロハストリートのブースは大人気。配られる最新号の山がどんどん減って行きます。私もお手伝い…。と、思ったのですが、ステージのほうで何やら始まる予感。

img
▲入口で記念撮影。興奮してきました。ここからアロハストリートのブースにたどりつくまで、どれだけ時間がかかったことか。
img
▲このエプロン購入。ここのエプロンは本当にかわいかったです。エプロンって、買うんだけど料理する時いっつもするの忘れちゃう…。

 おお!

 S様のフラや歌のライブではありませんか。すっかり手伝うことを放棄で、ステージのほうへ。本物だ本物! カメラマンもいっぱいいる。私も激写激写! そう思って写真を撮っていたら…。

「パス持ってるんですか(怒)? 撮影禁止なんですけど! 許可は? やめてください!」

  と、カメラに手をかざされ叱られてしまいました。ごめんなさい! 本当に知らなかったんです。カメラマンが撮ってるから私もいいと思ったんです。あさはかでした。もうちょっとまわりを注意深く見るべきでした。

 ああ、本当に悪いことをしてしまったと反省。浮かれ過ぎには注意しなければいけません。あと少しでつまみ出されるところでした。

 そんなこんなで、反省もありつつ、アロハストリートのスタッフと次はハワイで会うことを約束(実現なるか?)して、笑顔でお別れ(接触時間少なすぎ)。最後は、ハワイのビールでも飲んで…と思ったのですが、車だったのでおみやげに買って帰ったのでした。

img
▲甲殻類好きの「スキャンピいくよ」としては食べずにはいられないエビ。こうやってどんどん寄り道。
img
▲うちのキッチンには今、ハワイアン・ウォーターのサーバーがどかんと置かれています。なぜ急に契約する気になったかって? それは…。
img
▲ブースの前には、かわいい女子たちがハワイアン・ウォーターの試飲を勧めています。これにうっかりやられてしまったんですね、私は。いやいや、前からいつかおうちに置こうと思ってたのよ。
img
▲ふう。ブースに到着。ヨシ様に会ったら、この表情を見せてもらわずにはいられません。アロハ萌え公式ポーズでご挨拶。
img
▲わけあって、モザイクをかけています。ていうか、勝手に写真を撮って本当に本当にすみませんでした。さすがS様。オーラが違いました。このモザイクからでも、それが伝わると良いのですが。

★大量スパむす
 ヨコハマ・ハワイイ・フェスティバルの翌日。私は、昼過ぎからせっせと、スパむすを作りはじめました。土鍋とル・クルーゼを使ってご飯をどんどん炊きます(うちは炊飯器を使わないので)。スパムも何缶も開け、焼いてゆきます。

 ヨコハマ・ハワイイ・フェスティバルにて興奮し、とうとうどうかしてしまったわけではありません。ひとりで食べるのではなく、配るために作ったのです。しかも、スパむすメーカーを使って! 今さらそんなことでなぜ騒ぐ? とお思いの方も多いことでしょう。エッセイ『アロハ萌え』にも書きましたが、私は今までずっとだっさいタッパーを使ってスパむす作成を行っていたのです。でも、今回は数が半端ではないということで、箱のまま開けずにとってあったスパむすメーカーを出しちゃいました。だっさいタッパーを裏切ったような気がしてものすごくうしろめたかったのですが、新しい道具を使う興奮の方が勝ってしまいます。

 今回作ったのも、もちろん胡麻チーズスパむす。これもエッセイ『アロハ萌え』に登場した大好きな味。これを作って、行く先は…なんと!ブンゴー福井晴敏邸!

 福井宅では、毎年恒例の隅田川花火大会を見る会が開かれるのです。そこへ持って行こうという魂胆です。しかも、福井さんの奥様は私が無理矢理送りつけたアロハ萌えを読んでくださり、「あのスパむすが食べたい」とおっしゃって下さっているのです。

 はり切らないわけがありません。

 ブンゴー宅に持参ということで、玄米などは混ぜず、白米、しかもかなりいいお米でかっこつけてしまいました。しかし、これがイライラの元に…。高級米は固めに炊いても米に若干の粘りがあり、容器にくっつくのです。気取らず、いつもみたいにわざとパラパラご飯にすれば良かったと後悔。

 でも、スパむすメーカーを使ってのスパむす作りは楽しい! いや気持ちいい! 米とスパムと海苔さえあれば、いくつでも作り続けていたいほどです。楽しく作ったスパむすは、福井宅でも大好評! 福井さんはもちろん、たくさんのお客さんたちに食べてもらうことができました。実は、ものすごく立派な人たちに食べていただき、申し訳なかったほどです。

 さて、今さら…とお思いの方もまだいらっしゃるかと思いますが、写真を見るだけでわくわくしてしまうこと請け合い(私だけ?)の、スパむすができるまでの写真をしつこく公開したいと思います。

img
▲ずいぶん大事にとっておいたスパむすメーカー。まだ箱に入っています。
img
▲おっ! うすーくSPAMって入っててかっこいいぞ!
img
▲時間をかけてこんがり焼いたスパムにお砂糖とお醤油をからめて甘辛に。今回はメイプル・シュガーを使いました。
img
▲まずは海苔を敷いて、そのうえにたっぷりの胡麻(金胡麻がおすすめ)をまぜたご飯を入れます。この時説明書通り3分の1の高さまで本当に入れると、海苔の幅が足りなることが! なので気持ち少なめに。
img
▲甘辛スパムを乗せて、この味がご飯に染みることを想像すると、興奮してきます。
img
▲半分に折ったスライスチーズをのせて、これにご飯をかぶせた時、このチーズが若干とろけることを想像して、よだれを堪えます。
img
▲また胡麻ご飯を薄くかぶせます。そしてその上から、蓋をし、強く押したくなる衝動を堪えて、そっと押さえつけます。
img
▲形を抜いて海苔を捲き、形を整えます。誰も見てなきゃ、この時かぶりついても罰は当たらないはずです。
img
▲続々とでき上がるスパむすになぜか笑いが止まりません。すでにもう丸々1本は食べている私。つまり通常のスパむすを軽く2個は食べたってことです。
img
▲せっかくのきれいな断面を見せつけたいので、切ります。私は、1本を4つに切り分ける派。
img
▲ラップできれいに巻いて、容器に並べるとものすごい達成感。
img
▲しかし、容器は1度でイライラのべたべたに。3回に1回ぐらいは洗っていました。スパむすに高級米を使うのはもうやめます。
img ブンゴー福井晴敏氏が「うまい! もう4つぐらい食べちゃった!」と言って下さいました。それなのにまださらに手に持っていただき、記念撮影。いつか福井さんがインタビューなどで「好物はスパむすです」と言う日が来るといいですね。

★まとめ
 皆さまはこの夏、どんなアロハ萌えで楽しまれたのでしょうか。きっと、ハワイに行かれた方もたくさんいらっしゃることでしょう。報告の写真やメールで私も楽しませて頂きました。ありがとうございます。おかげさまでハワイへの思いは募る一方です。ていうか、そろそろ、人の作ったスパむすが食べたいです。ポンと1個渡されるあの喜びを久々に味わいたい! 友だちに無理やりスパむすメーカーを貸そうかと思う今日この頃なのでした。

★お知らせ
img
アロハ萌え
Kawaii Hawaii/橋口いくよ著
講談社文庫より発売中!!

 書き下ろしエッセイ『アロハ萌え』。講談社文庫より好評発売中。「萌え」とついているだけで、衝撃的なことに「エロ系ですか?」という質問メールを最近頂きました。何かの検索でこの本のタイトルが出てきた模様。「ハワイ的エロスなのでしょうか?」とも書いてありました。それってどんななんだ? まあ、エロスといえばエロス…? 違います違います。残念ながらエロの要素などいっさいありません。いや、あると嘘をついたほうがこの際いいのか? いえいえ、青少年やお子様でも大丈夫ですので、今後ともエッセイ『アロハ萌え』をよろしくお願いいたします。

書き下ろしエッセイ「アロハ萌え」
KAWAII HAWAII/講談社文庫
価格540円(税込)

★このコラムへのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで。
たくさんのメールお待ちしています!!

公開日
: 2007年 9月 26日
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top