ハワイの最新現地情報が満載!

アイランド・ミュージック「ジェイク・シマブクロ」

アイランド・ミュージック「ジェイク・シマブクロ」

公開日:2007.07.18

更新日:2017.06.25

ハワイ発プレミア情報誌アロハストリート

アイランド・ミュージック ~話題のミュージシャンたち~
常にチャレンジを忘れない世界に羽ばたくロコボーイ
Jake Shimabukuro ジェイク・シマブクロ

 ハワイを代表するミュージシャンのひとりとして、世界に活動の場を広げつつあるウクレレ・プレイヤーのジェイク。2006年の大晦日には、「NHK紅白歌合戦」にもゲスト出演し、日本での知名度はさらにアップした。今まで彼のウクレレを聞く機会のなかった人たちにも、彼のプレイはアピールしたに違いない。「紅白出演は、まさに2006年のハイライト。1年の最後を締めくくるにふさわしい、すばらしい番組に出演できて本当に感激でした」と語る彼の2006年は、まさに新しいチャレンジの連続だった。

 全米だけでなく、オーストラリア・ツアーも行い、着実に世界という舞台で、その実力を開花させつつある彼。外見はここ数年でかなり変化しているが、その謙虚な姿勢と誰にでも笑顔で接するアロハな態度は、以前から全く変わらないと、彼を知る人は誰もが口をそろえて言う。
 昨年チャレンジした新しいことのひとつに、大ヒットを記録した映画「フラガール」のサントラを手がけたことがあるが、ジェイクの音楽が動員数に与えた影響が大きいことは、関係者も認めるところ。聞くたびに映画のワンシーンが心に蘇る印象的な挿入歌やウクレレ・サウンドも好評で、映画はアカデミー賞外国語映画賞ノミネート候補の日本代表にも選ばれた。「音楽を頼まれた時は、自信ありげに引き受けたけど、実は内心ドキドキ(笑)。英語に訳された台本と、各シーンのクリップを見て、人物の動きに合わせた曲作りをしたけれど、ウクレレ以外のパートを作曲するのは本当に大変だったから、オーケストラの作曲法を勉強しようと決めたんだ」。

 多忙な毎日を送る彼にとって、日々続ける勉強こそチャレンジに違いないが、「人として常に成長していきたいし、勉強しないと、人生つまらないでしょ?」とはにかみながら語るジェイクは、どこまでも謙虚。この人に言われると、説得力と言葉の重みは何倍にも増すようだ。
 そんな彼が、今興味を持っているのは、なんと料理。ホノルルマラソン完走を目指した昨年、トレーニングだけでなく、ヘルシーな食事を心がけることで、より強く、よりピースフルな人間に変わったという。「マラソンによって本当に人生観が変わった感じ。ヨガも始めて、心がもっと落ち着いてきた。それはウクレレの演奏にも影響していると思うよ」。でも、マラソン完走直後の演奏は、アドレナリンが出てかなりハイパーだったらしいけれど、それも実はとてもジェイクらしいエピソードだったりする。
 2007年は、松任谷由美のカバー曲のCDとビデオ・クリップを集めたDVDの日本発売を皮切りに、日本ツアーも実施。しかしそんな彼の次のチャレンジ・リストには「誰かの命を救うことがあるかもしれないから」と、CPR(心肺蘇生法)の資格取得が含まれている。心やさしきロコボーイの挑戦は止まらない。

●シングル「春よ、来い」(全3曲)
1,223(税込)
発売元:ソニーミュージックエンタテインメント

購入はこちら
●アルバム「ジェントリー・ウィープス」
2,646(税込)
発売元:ソニーミュージックエンタテインメント

購入はこちら
●サウンドトラック「フラガール plus 1」
2,940(税込)
発売元:ソニーミュージックエンタテインメント

購入はこちら
●DVD
「フラガールスタンダード・エディション」
3,120(税込)
発売元:ハピネット・ピクチャーズ

購入はこちら

★ジェイクの弟「ブルース・シマブクロ」の新アルバム発売記念期間限定ブログはこちら!
シマブクロ・ブラザーズ・ウイーク

※アロハストリート2007年春号に掲載した記事です。

公開日
: 2007年 7月 18日
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート・マガジン

アロハストリート ハワイ島版

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top