ハワイの最新現地情報が満載!

第26回 「衝撃! 女性自身から取材が!」

第26回 「衝撃! 女性自身から取材が!」

公開日:2007.07.25

更新日:2017.06.25

橋口いくよのHAWAIIイッピン!アロハ萌え

Title
第26回 「衝撃! 女性自身から取材が!」

 ただいまハワイと遠距離恋愛中の橋口いくよです。いつもハワイの事が頭から離れず、ハワイに会いに行く時には全身全霊で向かう私。恋焦がれております。私のように、そして私以上にハワイ好きな人たちの為に「ハワイに行けない間も日本でいかにハワイを感じて過ごすか」ということをテーマに、毎回様々なことを紹介していこうと思っています。料理あり、レポートあり、妄想ありの誰にも止められないこのコーナー! ぜひ一緒に、全力で HAWAII IN JAPAN しましょう!

 さて今回は、大ニュースです!
あの「女性自身」から橋口いくよに取材が!
 「女性自身」だからと言って、何かの日本代表選手と噂になったわけでも、流行りの健康法や美容法をあみ出したわけでもありません。「日本でハワイを感じるコツを教えて欲しい」とおっしゃって下さったのですが、そんな立派な役目が果たせるのでしょうか…、とか言いつつ、軽く調子に乗ったりしながら、でもやっぱり少し緊張している橋口いくよの様子をお届けです!

橋口いくよ
橋口いくよ(はしぐち・いくよ)
小説、エッセイ、コラム、ノベライズなどの、物書き。
まあ「Sex and the City」のキャリーみたいな生活ですね。嘘です。全然違います。わりとインドア派でありながら、年に1度、ものすごくラッキーな時で2度ほどハワイに行って「アロハ萌え」をするのが楽しい。日本でハワイのことを考えて「アロハ萌え」するのも楽しい。結局いつも楽しい日々。

愛の種」、「蜜蜂のささやき 幻冬舎文庫」、「チルソクの夏ノベライズ」、「水平線の光の中、また逢えたら」another「亡国のイージス」ジョンヒ~静かなる姫~、「皇帝ペンギン」、「西遊記ノベライズ」、小説「結婚できない男」、小説「僕は妹に恋をする」が著書にある。

雑誌「ダ・ヴィンチ」で新連載も始まりました!
詳しくはオフィシャルサイトをチェック!
オフィシャルサイト http://www.seeds-of-love.jp

★初ハワイエッセイ「アロハ萌え」講談社文庫より好評発売中!!

★本当に私でいいのか!?
img
▲少し緊張気味。いいところを見せようとはりきっています。
img
▲頼まれてもないのにアロハ萌え公式ポーズでアピール。誌面で使われる気配はまったくなしです。死ぬまでにはこのポーズが認知されるといいですね。
img
▲澄まして写真に写っていても、買い物をする時はいつもの興奮笑顔に。レジはマウナロアのえらい人、美人の有賀さん。

 「女性自身」と言えば、歯医者にも銀行にも、実家の近所にある「ビューティ・サロンせつこ」的な名前の美容院とかにも絶対的に置かれているあの超メジャー週刊誌! そんなすごいところから取材が来るなんて、誰にかわからないけど謝りたいような気分です。でも、正直うれしいです。取材の前日に張り切って自分で前髪を切って失敗するほどうれしかったです。

 しかも、ただ取材を受けるだけではなく、恵比寿にあるハワイを感じられるお店をめぐったりもするのです。張り切ってムームーなどを着て行こうと思ったのですが、普段着もしないし、第一持っていないし、不自然なのでやめました。前髪も失敗してしまったし、何もかも今さらな気がしてきて、結局いつもの感じで出発!

 まずは、「アロハ萌え」でもお馴染み、あの「アロハ刑事」も潜入捜査していた「マウナロアMMJ」。
 雑貨やお洋服をあれこれ見ながらの撮影です。最近はハワイっぽいお菓子やドレッシングなども充実していて、ますます楽しいマウナロア。早速取材を忘れ、うっかり買い物モードに。
 たびたび「あの…橋口さん。このへんに立って頂いて…」と呼び止められる始末でした。そんなご迷惑をかけながらも、パイナップルセサミのドレッシングとホノルル動物園のTシャツを買ってしまったのでした。

★かっこいい人が作るレイ♪
img
▲こんなかわいいお花と、こんなすてきなお兄さんがいるアロハ萌えなお店です。
img
▲手前にあるお花、レッド・ジンジャーでレイを作る時は、花びらを1枚1枚使うから30本ぐらい使うことになるんだそう。
img
▲「男性の手萌え」の方、充分に楽しんでいただけるんじゃないでしょうか。こうやって小河さんがていねいにレイを作っているんです。
img
▲気取ってる…。しかも、なぜかうっとりしてる…。さて、誌面ではどんな写真が使われることやら!?
img
▲私がかけたのは、こんなかわいいレイでした。先にレイを決めて、それからお洋服を選んでお出かけしてみたいなあ。

 恵比寿にあるハワイ料理店にて、みんなでランチをした後は、インタビュー。あれやこれやとアロハ萌えについて語りました。気取ろうとしてもすぐに興奮してしまい、たびたび話を軌道修正。お話のどの部分が使われているかは、誌面をチェックしてみて下さいね。きっと女性自身にぴったりな、さわやか部分だけが使われているんじゃないかと…。

 「ハワイのスーパーに行くと、パンにスーパーの匂いのような洗剤の匂いのようなものが移ってしまっていることがあって、それを食べるのが快感」とかいう部分は、絶対に使われていないと思います。

 若干引かれたりしながらも、楽しく終わったインタビューの次に向かったのが「COLOR 2ed」。記者の漢那さんおすすめのお店で、レイを作ってくれるお花やさんです。

 オーダーしてあったレイをかけての撮影に、アロハ萌え度だけではなく、女子度が一気にあがります。しかも、この店のお兄さん、小河靖典さんがあまりにもかっこいい。レイをかけてもらった瞬間、今日の目的を忘れかけそうになってしまいました。

 かっこいいのに控え目な小河さんに、どうしてレイを作ろうと思ったのか訊いてみると…、「レイってきれいだなって思って。自分で作ってみたいって思ったんです」。このシンプルかつ純粋な答えにため息が出ます。かっこよすぎて、私が騒いでいるのもよくわかっていない様子に、またもくらくらです。

すてき…。

 こうして、「アロハ萌え」からただの萌えになりそうなほど、女子にはたまらないお店です。しかも、小河さんの作るレイがすごくかわいい。今回私がかけさせてもらったレイは、まるでいちごの国のお姫様(存在すると仮定して)がかけていそうなかわいさでした。
 こういうレイをお誕生日に、ティアラのかわりにかけてお出かけしたいと思いました。もちろん自分でかけるだけじゃなく、誰かにもプレゼントしたくなってしまい、あれこれ頭の中で考えたのですが、友だちがあまりいない私。
 そして、友だちの誕生日もあまり覚えていない。だから友だちがいないのです。これからは、手帳に友だちの誕生日を書いてレイをプレゼントしていこうかと、こんな私が思うぐらいやさしい気持ちになるお店。

 手首につけるレイなども出来るそうなので、何かパーティがあった時には絶対オーダーしてみようと思いました。それをお店で小河さんにつけてもらい、パーティに行くのです。ああ…。

私、どうかしています。

レイの話に戻ります。レイは1日しかもたないけれど、そのはかなさが私は好きです。小河さんもそうおっしゃっていました。そしてこうもおっしゃいます。

 「お誕生日に、花束のかわりに誰かがプレゼントして、1日主役気分を思いっきり味わうのってすてきだと思うんですよね。レイは1日だからこそいいんです」
 記念にしておきたい人は、部屋にかけておいてドライフラワーにするのもいいですよ。ハワイの人はけっこうそうしていたりもするのだと教えてもらいました。

 日本でフレッシュ・レイをかけて楽しむというのは、かなり上級者のすることだと思っていましたが、これからは気軽に楽しめる気がしてきました。もし街でレイをかけてる私を見かけても、いい気になってるとか言わないで下さい。

★まとめ
 結局、途中からは取材を忘れる勢いで「アロハ萌え」してしまった私です。
 今回は、「女性自身」の記者の方もカメラマンの方も女性、さらには、「アロハ萌え」本の担当編集者たち(やはり女性)もやってきて、きゃあきゃあ言いながら、みんなで「アロハ萌え」グッズを買いながらの取材となりました。
 こんなすてきな取材に参加できたのも、いつも「アロハ萌え」を読んで下さってる方々のおかげです。このコーナー「アロハ萌え」の連載を始めた頃は、まさかこんなに長い間連載が続くなんて思ってもみませんでした。 いつもハワイに行けるわけでもない、ハワイ上級者でもない、ただの「アロハ萌え」な私のコーナーを1度でも読んで下さった方々、そしていつも読んで下さっている方々、本当にありがとうございます。
これで、「アロハ萌え」も最終回…。

 嘘です! 大嘘です!

 これからも、全開で「アロハ萌え」してゆきますので、どうぞよろしくお願いします。
 
「女性自身」の発売は7月31日! モノクロ2ページとのことです。ぜひ見て下さいね。

★お知らせ
img
アロハ萌え
Kawaii Hawaii/橋口いくよ著
講談社文庫より発売中!!

 書き下ろしエッセイ「アロハ萌え」。講談社文庫より好評発売中。
 「ハワイに持って行った」とか「ハワイ行きの機内で読んだ」というようなメールもたくさん頂きます。本当にありがとうございます。もう1年以上もハワイに行けていない私。本が羨ましい…。どうか、私のかわりに、ハワイの風をたっぷり吸ってきてもらいたいものです。こうしてたくさんの方に読んでもらえるような本を、また頑張って書きます!

書き下ろしエッセイ「アロハ萌え」
KAWAII HAWAII/講談社文庫
価格540円(税込)

★このコラムへのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで。
たくさんのメールお待ちしています!!

公開日
: 2007年 7月 25日

橋口 いくよ/はしぐち いくよ (作家) プロフィール

小説、コラム、エッセイ、脚本、作詞など、アニメ作品、エンターテインメント作品、純文学、様々なジャンルで執筆。フジテレビ「とくダネ!」やテレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」コメンテーター、「踊る!さんま御殿!!!」等、テレビにも出演。

ハワイ好きとしても知られ、講談社文庫より発売されている『アロハ萌え』シリーズ三部作はAmazonで1位を獲得し、ハワイ好きからバイブルとも呼ばれている。

公式サイト: https://www.hashiguchiikuyo.com/

twitter: https://twitter.com/hashiguchiikuyo

instagram: https://www.instagram.com/ikutorias_secret/

note: https://note.com/ikuyonote

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top