ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
第1回 メトリック・センチュリー・ライド

第1回 メトリック・センチュリー・ライド

2007.05.16

ハワイのスポーツ情報「スポナビハワイ」

チャレンジャーA-1の「スポナビハワイ」
第1回  ノースショアを駆け抜ける!「メトリック・センチュリー・ライド」
 アロハ! スポーツ・ナビゲーターのA-1(エイワン)です。
 1年中温暖な気候に恵まれ、海と山に囲まれた自然あふれるハワイは、スポーツするには絶好の場所。ホノルルマラソンのように世界的に有名なイベントのほかにも、ハワイ独特の気候や地形などを生かしたスポーツ・イベントが、たくさん行われています。
 ゴールデンウィークにも、日本からたくさんの方がハワイに遊びに来てくださいましたが、観光やショッピングだけではもったいない! このコラムでは、ウエブサイト「スポナビハワイ」を通じてハワイのスポーツをご紹介している僕が、短期滞在中でも見て、参加して楽しめるイベントをたっぷり紹介していきたいと思いますので、ご期待ください!
A-1 本名:阿部栄一(A-1/エイワン)
ハワイ在住8年のイベント・コーディネーター。マラソン、サイクリング、トライアスロン、サッカー、フットサルなど、主にスポーツ・イベントのサポートを行っている。これまでトライしたスポーツは数知れず、現在はトライアスロンに挑戦中。好きが高じて、ハワイのスポーツ情報サイト「スポナビハワイ」を主宰。米国トライアスロン協会認定レース・ディレクター。
⇒ スポナビハワイ www.sponavihawaii.com

今回参加したレース: メトリック・センチュリー・ライド

 オアフ島ノースショアで、HBL(ハワイ・バイシクリング・リーグ)が主催するバイク・イベント。記録計測がなく、距離も25キロ、50キロ、100キロから選べるファン・ライドです。

日時:2007年4月29日(日)7:15スタート
参加人数:933人(2007年)
URL:www.hbl.org/Haleiwa_Metric.htm

ハワイのバイク・ライダーが大集合!
 ロードバイク(自転車)愛好家が多く、平日でも夕方になると、練習に励むライダーの姿をあちこちで見かけるハワイ。実は僕もそのひとりで、週3回欠かさず練習に出かけています。
 ノースショアを舞台に、4月29日(日)に開催された「メトリック・センチュリー・ライド」は、ハワイのバイク・レースの中でも規模の大きなもの。「メトリック」とは、メートル法のことで、マイル表示で毎年9月に開催されている「ホノルル・センチュリー・ライド」との最も大きな違いです。タイムを競うのではなく、コースも自分にあった距離の中から選ぶことができるので、誰でも楽しみながら参加することができます。もちろん僕も参加してきました。
 スタート地点となったカイアカ・パークには、スタートの1時間以上前から、たくさんのライダーたちが集まり始めました。本格的なアスリートから、キッズ・ライダーや2人乗り、3人乗りのバイクに乗った人、またおもしろい形のバイクに乗った人まで、スタイルは人それぞれ。みんなリラックスした雰囲気です。
 スタート時刻の7:15が近づくと、スタートラインに行列が出来はじめました。いよいよ長い長いレースの始まりです。

▲ノースショアへ向かう途中で、バイク・キャリアーを装着している車を発見! 仲間も北を目指しているぞ。

▲まだまだみんなリラックスして楽しげな表情。チームを組んで走るのも楽しそうですね。

▲スタートラインからずらっと並んだライダーたちの姿は圧巻。いよいよ出発!

目指せ、100キロ!
 オアフ島南海岸よりも、少し気温が低く感じるノースショア。当日も、朝のうちは少しひんやりと感じる程度で、ややくもり気味。カラッと晴れているよりは、ライダーにとっては走りやすい天候です。
 行きのコースは、海を左手に見ながら、海岸線に沿ってぐるっと東へ向かうというもの。眺めがよく、気持ちがいいルートです。スタートからまだ間もない地点では、おしゃべりしながら走る人などもいて、まだまだ余裕の表情です。
 ノースショアは比較的アップダウンが少なく、走りやすいのが特徴ですが、ワイメアに唯一少しきつめの坂があります。でも、坂は行きにがんばって登ってしまえば、帰りは下り坂! 25キロコースは、ワイメアを過ぎたエフカイ・ビーチ・パークで折り返しです。
 今回100キロコースに参加の僕は、さらにペダルを踏み込みます。ほぼベストコンディションに近い天気ながら、行きは少し向かい風。走ることに集中し、50キロの折り返し地点であるカフク高校を過ぎ、さらに進んで100キロの折り返し地点、スワンジー・ビーチ・パークに無事到着しました。

▲まずはハレイワタウンを通り抜けます。朝の空気が気持ちいい!

▲眺めは最高。参加ライダーたちは、まだまだ余裕の表情です。

▲上り坂に差しかかったあたりで、パラパラと小雨が降ってきました。ライダーにとっては恵みの雨。

▲50キロの折り返し地点に到着。ここでひと息ついて、目指せ100キロの折り返し!

▲折り返してきたライダーに、シャカポーズで合図を送る余裕たっぷりの人も。ゴールでまた会いましょう!

▲ついに100キロの折り返し地点に到着。ここはホノルル・センチュリー・ライドの100マイル折り返し地点と同じ場所。

ノースショアのコースは景色も最高!
 このコース沿いには、ノースショアの観光スポットがたくさんあるのも特徴。帰りは晴れ間が出てきて、ライダーにとっては気温が上がってつらいものの、美しい景色を楽しみながら、ファンライドを満喫しました。
 そしていよいよゴール地点であるノースショア・マーケット・プレイスに到着。今回のタイムは4時間15分。記録としてはまあまあ、といったところですが、楽しく走れたので大満足です!

▲いよいよ後半戦。せっかくのファンライドなので、景色も楽しみながら帰ることにしましょう。

▲ライオンが寝そべる姿に似ていることから「クラウチング・ライオン」の名が付けられた大きな岩は、密かな観光スポット。レストランもあります。

▲帰り道は晴れ間が出てきたので、海がさらに美しく見えます。こんなぜいたくなルートを走れるのは、ノースショアならでは。

▲道端で休憩しながら、タイヤの修理をする人あり。のんびり行くのもいいでしょう。

▲こんなおもしろい形のバイクに乗っている人も。しっかり100キロ完走していました。

▲ワイメアの手前にあるシャークス・コーブを通過。

▲ついにゴール! ひと足先にゴールしてくつろぐ完走者たちが遠くに見えます。

▲談笑する完走者たち。ゴールには水やフルーツ、クッキーなどが用意されていました。

▲フィニッシャーTシャツをもらってポーズ。完走したあとの爽快感が、何よりの楽しみです。


 「メトリック・センチュリー・ライド」のルートは、誰でも参加しやすいコース。初心者はレベルに合わせて距離を選び、自分のペースで走ることができるし、アスリートにとっては、自分のタイムアップのためのトレーニングの一環として、楽しみながら走るのにぴったりです。
 そして何より最高なのが、ノースショアの景色と気候! 来年はぜひ一緒に参加してみませんか?

ハワイのスポーツ情報満載!
スポナビハワイ www.sponavihawaii.com

■このコラムへのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで。たくさんのメールお待ちしています!!

公開日
: 2007年 5月 16日
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top