ハワイの最新現地情報が満載!

ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
17歳のハパ・ロコガール「タミー」表紙初登場!

17歳のハパ・ロコガール「タミー」表紙初登場!

公開日:2007.02.21

更新日:2017.06.25

ハワイ発プレミア情報誌アロハストリート

17歳のハパ・ロコガール
「Tommy(タミー)」表紙初登場!
 アロハ! ユカリンです。
 3月1日発行のアロハストリート春号から、新しいカバー・モデルが登場します。その名もタミー(Tommy)ちゃん。
 まだ17歳という現役高校生の彼女は、いったいどんな女の子なのでしょう。それではさっそくご紹介したいと思います!

■オーディションで選ばれたシンデレラ・ロコガール

▲何を食べたらこんな風にスラ~っとした体になるのかしら? まるで親子のような私とタミーちゃん(年齢差20歳)。

▲副編集長のヨシさんもタミーの美しさに目が合うと、こんな風に照れるだけ…(笑)。


 タミーちゃんは、ホノルル在住のロコガール。アメリカ人のお父さんと日本人のお母さんの間に生まれたハパ(ハーフ)です。小学生の時に両親とともにハワイに移住し、現在はハワイの有名私立校に通う高校生。すらっとしたスタイルは、バレーボールをやっているからなのかな? ちょっとうらやましい(笑)。
 そんな彼女がモデル事務所に登録した直後、アロハストリートのカバー・ガール・オーディションの話が舞い込んだそう。そして初めて受けたオーディションで数十名の中から、見事カバー・ガールに抜擢されました。これからどんな風に少女から大人へと変身していくのか、とても楽しみですね!

■17歳の少女がモデルに大変身!


 さて当日、初めての撮影現場に現われたタミーちゃんは「ドキドキするー!」とちょっぴり緊張気味です。それもそのはず、生まれて初めてのモデル体験なのですから。付き添いで同席していたお母さんも心配そうにしています。でも大丈夫! 編集部にいる「元ミス小樽」チカからの心強いアドバイスを受けて、すっかり安心してニッコリ顔。

 ときおり幼さの残る17歳ですが、プロのヘアメイクMachiさんのテクニックで…、うわあ、なんてエレガント!くやしいけれど、完全に負けたわ(苦笑)。アロハストリートの表紙にぴったりのキュートな「ロコガール」に大変身です。


▲撮影に小道具に使用したシェイブアイスを食べる姿は、17歳の女子高生そのまま。
▲でもカメラを向けるとこんな表情が出てくる。初日にしてプロですね! ▲ランチタイムにサンドイッチをがっつり食べて、午後からの撮影に備えます。いっぱい食べても太らないなんてうらやましいぞ!

■初めての撮影とは思えない自然な笑顔

 そしていよいよ撮影スタート。この日は真っ青な空が広がり、最高の撮影日和です。まずはまだ誰もいない朝のカハラ・ビーチで撮影が始まりました。「どうやって緊張をほぐして自然な笑顔を出してもらうか」というスタッフの心配をよそにタミーちゃんは「超自然スマイル」とポーズで、とても今日が初めてとは思えないモデルぶり…。

 通常初めてのモデルさんなどには、カメラにフイルムを入れず撮影を開始して、慣れてきて自然な笑顔が出せるようになったところで、ようやくフイルムを入れるという方法をとるんだそうです。タミーちゃんはその必要はまったくなし。最初から、OKカットがバンバン出ていました。

 朝8時に開始された撮影は、場所や衣装、カットを変え、延々夕方4時まで続けられましたが、終始ニコニコととても楽しそう。彼女は絶対に大物になる! そんな予感がします。

▲コバルト・ブルーの海と1匹の犬。それだけで絵になるカハラ・ビーチからスタートした撮影。 ▲これぞ撮影の裏話!ほっそりした体にフィットするよう、衣装の後ろ側はこんなふうに洗濯バサミでつまんでいるのです。 ▲さすがロコガール!どんなロケーションにもすっかり溶け込んでいますね!

 これからアロハストリートの顔として、活躍していくタミーちゃんをよろしくお願いいたします。ホノルル在住なので、街やショッピング・センターで見かけることがかもしれません。その時はぜひ「タミー!」と気軽に声をかけてあげてくださいね!

定期購読のご案内

公開日
: 2007年 2月 21日
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top