ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
「ブラザーズ・カジメロ」インタビュー

「ブラザーズ・カジメロ」インタビュー

2006.10.18

ハワイ発プレミア情報誌アロハストリート

ふたりのハーモニーが生み出すハワイアン・ミュージックの最高峰
「ブラザーズ・カジメロ」インタビュー
 兄のロバート(右)はインタビューの時間通りに現れ、レコード会社のオフィスでそわそわ。
15分後に現れた弟のローランドは人懐っこい子犬のようで、
「ごめん、レインボー・ドライブインで朝飯とシェイブ・アイス食べて来ちゃったよ!」と高笑い。
 このふたりだからこそ、あのブラザーズ・カジメロのやさしいサウンドが生まれるのである。

The Brothers Cazimero
ブラザーズ・カジメロ


コンテンポラリー・ハワイアン・ミュージックを確立し、その中心となって約30年以上活躍して来たロバート(兄、右)とローランド(弟、左)・カジメロは、今やハワイの顔的存在。現在までに36作品を発表、昨年発表されたアルバム「Some Call It Aloha...Don'tTell」は2005年度グラミー賞にもノミネートされた。恒例のレイデイ(5月1日)のコンサートは今年で29回目。年末にはクリスマス・アルバムをリリース予定。なお、ロバートはクムフラとしてもお馴染みで、昨年開かれたフラ最高峰のフェスティバル「メリー・モナーク」では、自らが率いる「ハラウ・ナー・カマレイ」が総合優勝している。

「Some Call It Aloha...Don't Tell」
Mountain Apple Company

アロハ: 約30年以上に渡って、コンテンポラリー・ハワイアンのリーダーとして活躍されてきたおふたりですが、すでに30枚以上の作品をリリースし、新作も昨年発表されるなど、常にトップの座をキープされていますよね。
ローランド: 僕は3才の頃、母親の影響で音楽にどっぷりはまり、ロバートもその数年後に家族の影響で音楽やフラにはまっていったんだ。それ以来、音楽以外のことに浮気をしたことはないね。常にトップの座をキープできたわけでもないんだけどさ。でも結局はいい曲を書いた人が勝ちだから、こればっかりはタイミングさ(笑)。
 マカハ・サンズとか、いいグループがどんどんでてきて、色んなミュージシャンたちが、ハワイアン・ミュージックを見守ってきたけれど、最終的にはなによりも、楽しんでやることこそが、音楽の醍醐味だと思うんだよ。それに関しては僕たちは、確実にやってきてると思うよ。ハハハ!
ハワイ ハワイ
アロハ: 一言でハワイアン・ミュージックといってもこの30年で随分変わったのではないでしょうか?
ハワイ
ロバート: それは確かにそうですね。今は世界中の様々な音楽が自由にハワイに入ってきて、しかもコンピューターなどでもアクセスしやすくなったので、色んな意味でハワイの音楽にほかの要素が混じるようになってきてます。いいとも悪いとも言えませんが、とにかく変わってしまったことは確かです。
ハワイ
ローランド: 僕も当時からロックンロール好きだったから、ヘビメタとかジミヘンにはまっていたけど、兄と一緒に音楽を作り、演奏するときの快感は、ロックンロールにも見いだせない特別なものなんだ。兄はとにかく才能があって、僕は常にインスパイアされてきた。彼なくしてハワイアン・ミュージックに革命はおこらなかったとも思うよ。長年一緒にこうしてやってこれたことはまさにマジック。お互いソロでも充分やれていたと思うんだ。でもふたりだとパワーが倍増して、信じられないほどの感動が生まれる。こうして一緒にやれることをカフナに感謝しているよ。
ハワイ
ロバート: アルバムの曲選びなどで、もめることもありますが、でもそれは、いいものを作り出す為のプロセスですから…。
ハワイ
アロハ: ロバートはクムフラとしても30年以上活躍されていますが、フラで最も大切なことはなんでしょう?
ハワイ
ロバート: すべてに対してリスペクト(尊敬)の気持ちをもつことですね。フラをあまり知らない人でしたら、自らフラを体験してリスペクトすることをおすすめします。
 私は、第1次フラブームの時に、日本を訪れましたが、その頃の日本の方たちは、みんなリスペクトの気持ちを持っていたように思いました。これから先、日本ではフラがさらに商業化されていくことがあるかもしれません。とくに日本では、フラはお金になってしまいますから…。でも、文化を海外に伝えるときは、必ず誤解が生じるのは仕方がないですよね。芸者の映画「SAYURI」でも、色んな誤解があったように。
ハワイ
アロハ:  例えば、フラダンサーは耳にプルメリアなど花を飾って踊るものと思っている人もいるようなんですが、ハワイのフラダンサーは、花を髪の毛に飾ることは少ないですしね。フラが広まっていくのは、いいことだと思いますが、教える側としては時々、ハワイの文化がきちんと伝承されるか心配なのも事実です。
ハワイ
アロハ: アルバム「Some Call It Aloha...Don't Tell」を昨年6年ぶりにリリースしたばかりなので、新作はまだ先の話になりそうでしょうか?
ハワイ
ロバート: 毎年恒例のクリスマス・アルバムは今年もリリース予定ですが、アルバムは2、3年は作る予定はありませんね。
ハワイ
ローランド: 前回のアルバムは自分たちも大満足だったんだ。だから、思う存分ライブとかで演奏をしてからでないと、次を作るのがもったいなくてね(笑)。
ハワイ
アロハ: 最後に読者へのメッセージをいただけますか?
ハワイ
ロバート: 音楽を聴く心をもってくれてありがとう。僕らの音楽を選んで聴いてくれてありがとう。
ハワイ
ローランド: いくつになってもこの雑誌を読み続けて(笑)! 10年後にこの雑誌を開いても、どうせ僕たちは変わらずブラザーズ・カジメロとしてインタビューに答えてるだろうからさ!ハハハ!あとはね「Be well」だね。自分に対しても他人に対してもBe well。そしたら長生きできるかもしれないじゃないか。

 ここまでキャラの違う兄弟も珍しいので、しゃべり口調もわざと変えてみました(笑)。弟のローランドはいつも陽気で冗談ばかりのやさしいロコボーイ、そして兄のローランドは、日頃から環境汚染や破壊に心を痛める繊細な天才肌。ハワイアン・ミュージックのレジェンド的存在にも関わらず、カジメロ一家のバーベキューにふらっとおじゃましたような気分にさせてくれたインタビューでした。「ブラザーズ・カジメロ」は、アロハスピリットの代名詞ですね。

※アロハストリート2006年夏号に掲載した記事です。

公開日
: 2006年 10月 18日
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top