「人は誰でも平等」という
願いが込められた寺院

 第1次日本人移民の渡航100年を記念して、1968年に京都にある平等院を模して建設された。厳しい労働や第二次世界大戦など、つらい歴史を経験した日系移民の人たちの「人は誰でも平等」という願いから、平等院を模すことになったといわれている。本堂に納められた阿弥陀如来は、大阪から船で運ばれたもの。また、本堂の長押に飾られたさまざまな宗派の紋には、「人種や宗派を超え、人々がお互いを尊重し、平等に仲良く暮らしていく」というハワイらしい思いが込められている。コオラウ山脈の麓に位置し、敷地内は落ち着いた雰囲気に包まれている。アクセス:アラモアナセンターからThe bus 65番

基本情報

住所

47-200 Kahekili Hwy., Kaneohe, HI 96744

GoogleMAPで見る
電話番号
(808) 239-8811

RECOMMEND編集部が紹介する関連コラム・記事

ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
page top