モロカイ空港付近でセスナの墜落事故が発生

2023.01.16

日刊ローカルニュース

月曜の朝、モロカイ島モロカイ空港近くで飛行機の墜落事故が発生したことを受け、当局は調査を行っている。

連邦航空局によると、5:00頃、2名が搭乗した単発ターボプロップ汎用輸送機セスナ208がモロカイ空港に接近中に墜落した。
ハワイ州運輸省によると、飛行機は空港から約1.5マイル離れた農村地域に墜落。

国家運輸安全委員会によると、1人が重傷、1人が軽傷。マウイ郡は、医療関係者が2人を病院に搬送時、状態は安定していたとコメント。

地元の航空貨物会社であるカマカ航空は、同社の飛行機が事故に関連していることを確認した。

事故発生当時、空港の消防隊、緊急医療サービスなどの緊急対応要員が現場で対応に当たった。

連邦航空局と国家運輸安全委員会は事故に関して調査を進める方針だ。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top