郵政公社がオペレーションサンタの手紙を受付中

2022.11.27

日刊ローカルニュース

米郵政公社(USPS)では、子どもたちとサンタクロースをつなぐプログラム「オペレーションサンタ」への手紙を12月12日(月)まで受け付けている。

オペレーションサンタは、子どもたちがサンタクロース宛てに出した願い事が書かれた手紙を郵政公社が受け取り、個人や団体がサンタクロースの代わりに匿名で子どもたちの願いを叶えるというもので、郵政公社では、サンタクロースへの手紙を出したい場合には、12月12日(月)までにサンタクロースへ手紙を書き、住所:Santa Claus, 123 Elf Road North Pole 88888へ送ってほしいとしている。

なお、ハワイ在住者で子どもたちの願いを叶える慈善活動に参加したい場合は、11月28日(月)より子どもたちのリクエストをチェックすることが可能となる。郵政公社によると、2021年度は、同プログラムに提出された21,000通以上のサンタレターの希望が全国で叶えられ、そのうち131通がハワイからの参加者によるものだった。

オペレーションサンタの詳細はこちら(英語)>>

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top