7日間バスパスの導入を検討

2022.11.20

日刊ローカルニュース

ホノルル市議会などでは、オアフ島内の主要交通機関である市バス「ザ・バス」で、障碍者向け料金の設定や観光客向けの7日間バスパスの導入などを検討している。

当局関係者は「低所得者、障害者、高齢者の年間乗車パスの値段の値下げ案を検討中で、値下げ案が承認された場合には、該当者の年間乗車パスの値段が$45となるほか、ハンディバンの利用料金も$2に引き下げられる可能性があります」とコメント。特に障碍者は低所得者であることも多く、今回の料金改正案は障碍者コミュニティに非常に配慮したものであるとしている。

このほか議会では、7日間有効のバスパスの導入案も検討。7日間有効のバスパスの値段は大人30ドル、子ども15ドルほどになるとみられている。

なお、ホノルル市議会の委員会は全会一致でザ・バスの料金改定案を承認。今後、市議会本会議で3回めの最終審議が行われ、承認された場合には、年明けにも一部のバス利用者の乗車料金が変更となる可能性がある。

参考:KITV4

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top