ホノルル動物園にサイの「アリア」が仲間入り

2022.10.01

日刊ローカルニュース

オアフ島のホノルル動物園は、同園の新たなメンバーとして雌のヒガシクロサイ「アリア」が仲間入りしたと発表した。

29日(木)にサンディエゴ動物園のサファリパークからホノルルに到着したばかりのアリアは、フロリダ州生まれで、年齢は8歳、体重は約2,850ポンドの雌のヒガシクロサイで、今後、ホノルル動物園内にあるアフリカンサバンナにある新装されたサイの展示スペースで飼育される予定となっている。

同園のスタッフはアリアの到着について「再び動物園にクロサイを迎えられることにとても興奮している」とコメント。同時にアリアのパートナー探しも進めているとしている。

ヒガシクロサイは、国際自然保護連合のレッドリストで密猟により絶滅の危機に瀕しているとされている種で、その個体数は90%以上減少し、2010年には800頭以下にまで激減したものの、地道な保護活動により、現在の個体数は約5,500頭まで増加している。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top