UHがマスク着用措置を撤廃

2022.09.14

日刊ローカルニュース

UH(ハワイ大学)システムは、キャンパスで実施しているマスク着用措置を17日(土)に撤廃すると発表した。UHでは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、教室、実験室の共有スペース、狭い教育スペースなどでのマスク着用を義務付けていた。

UHは、医療および公衆衛生の専門家のアドバイスと、最新の連邦および州のガイダンスに基づいて、マスク着用措置の撤廃を決定したと発表。しかし保健省のブルックス・ベーア氏は「マスクの着用は、健康状態により免疫力が低下している人や、祖父母と同居していて、愛する人や世話をする人を守るためにできる限りのことをしたい人にとって、引き続き良い選択肢です」とコメントしている。

なお、UHの新型コロナウイルスに関するガイドラインでは、新型コロナウイルスの濃厚接触者や感染者は引き続き10日間の隔離期間中にマスクを着用する必要があるほか、感染した場合には、症状が改善され、24時間以内に発熱がなければ、感染6日めから通常の活動に戻ることができるとしている。

参考:KITV4

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top