州内の高校生に無料バスパスを提供

2022.09.13

日刊ローカルニュース

ハワイ州教育局は12日(月)、州内のスクールバスの運転手不足などを理由に、オアフ島、カウアイ島、ハワイ島の4島の高校生に対して、無料のバスパスを発行する試験プログラムを実施すると発表した。

州のキース・ハヤシ教育局長は「カウアイ島、マウイ島、ハワイ島、そしてここオアフ島では、資格を持ったスクールバスの運転手の人手不足が深刻で、残念ながら路線の休止や統合を余儀なくされています」とコメント。高校生に無料のバスパスを提供して、ザ・バスなど公共交通機関の高校生の利用者を増やし、利用率の低いスクールバスを運休や統合された路線の復旧に振り向けられるようにするとしている。

なお、対象となっているのは州内に在住している9年生から12年生の高校生で、参加者希望者は学校を通じて直接、郡または市が発行するバスパスを受け取ることが可能で、オアフ島の生徒には、2023年7月まで有効なパスが提供され、カウアイ島、マウイ島、ハワイ島の生徒には、2023年7月まで各月に有効なパスが提供される。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top