カウアイ郡が銃携帯に関する新ガイドラインを発表

2022.09.10

日刊ローカルニュース

カウアイ郡警察は8日(木)、銃規制緩和に関する米最高裁の判決を受け、銃器の携帯許可証の改定を決定。銃器携帯許可の申請手続きの新たなガイドラインを発表した。銃器の携帯に関しては、米最高裁が銃を外で持ち歩くことを厳しく規制するニューヨーク州法について違憲とする判断を下したことで、ハワイ州でも銃規制法案の変更が検討されている。

カウアイ郡警察では、郡内での銃器の携帯許可証の申請ができるのは、郡内に住所を有し居住している21歳以上の成人と定めているほか、許可証の申請時には、申請30日以内に撮影した顔写真付きの申請書の提出のほか、認定インストラクターが実施する銃器技能試験の受験やメンタルヘルスの記録の提出などを必須としている。

このほかカウアイ郡警察では、ハワイ州での銃器携帯法の大幅な変更を考慮し、警察官向けのトレーニングや地域社会へのガイダンスの作成も進めている。

なお、ハワイ郡とマウイ郡ではすでに銃携帯許可証に関する改定が行われている。また、ホノルル警察では10月4日(火)に銃携帯許可証のプロセスに関する公聴会を実施するとしている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top