鉄道運航開始日がさらに遅延する可能性が浮上

2022.08.05

日刊ローカルニュース

ホノルルのブランジアーディ市長は3日(水)、オアフ島内で建設が進められている鉄道システムの運行開始時期について、構造上の深刻な問題に関する調査が必要となっているとして、運行開始予定時期がさらに遅延する可能性があることを明らかにした。

ブランジアーディ市長によると、オアフ島西部にあるいくつかの鉄道システムのコンクリート柱に深刻な亀裂の問題が発生している可能性があるとコメント。今後、エンジニアによる詳しい調査が行われるものの、問題が深刻で修復工事などが必要になった場合には、鉄道の運行開始時期が当初の予定である今年度末から2023年度初頭までずれ込む可能性があるとしている。

オアフ島の鉄道システムに関しては、今年初めに鉄道コンサルタントが、西オアフ駅の建物を支えている「ハンマーヘッド橋脚」と呼ばれる部分に亀裂の問題が発生していると指摘していた。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top