ハワイ島の「ホレイ・シーアーチ」が崩落の危機に直面

2022.07.23

日刊ローカルニュース

ハワイ島の火山国立公園内の海岸沿いにある天然のアーチ「ホレイ・シーアーチ」が、先日の高波によって浸食の被害を受け、崩落する可能性があるとして、当局では注意を呼び掛けている。

「ホレイ・シーアーチ」は、ハワイ火山国立公園のチェーン オブ クレーターズロードの行き止まりから少し歩いたところにある自然の力が作った天然のアーチで、約550年前の溶岩流で出来た崖が、波の浸食によって削られ、長い年月をかけて現在の姿になっている。

当局では、ホレイ・シーアーチについて、先週末にハワイ諸島を襲った歴史的な高波によって、海岸にある高さ90フィートの溶岩の地層から大きな塊が崩れ落ちたとしている。

なお、アーチ周辺は安全性が確保できないとして長年にわたって一般の立ち入りが閉鎖となっていたものの、現在はチェーン・オブ・クレーターズ・ロードの端近くに安全な見学エリアが設けられている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top