第45回ナ・ホク・ハノハノ・アワードが華やかに終了

2022.07.21

日刊ローカルニュース

今回で45回めとなったハワイのグラミー賞とも言われているハワイの音楽の祭典「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」。今年は3年ぶりにワイキキのシェラトン・ワイキキのボールルームにて、有観客で開催された。

本年度のナ・ホク・ハノハノ・アワードでは、過去にナ・ホク・ハノハノ・アワードを多数受賞している実力派3人によるグループ、クライヴィ(Kulāiwi)が最優秀アルバム賞をはじめとする4賞を受賞。また、最優秀女性ボーカリスト賞は若手ナンバー1のポーラ・フンガが、最優秀男性ボーカリスト賞はグラミー賞受賞者でもあるカラニ・ペアが受賞したほか、ジョシュ・タトフィが、最優秀シングル賞と最優秀ハワイアンシングル賞、そして最優秀ハワイアンミュージックビデオ賞の3冠を受賞している。

さらに、ファンによるオンライン人気投票で決まる、お気に入りのエンタテイナー賞には、2021年にデビューしたハワイ発のボーイズバンドのクロッシングレイン(CROSSING RAIN)が選出されたほか、ウクレレマスターとして知られるジェイク・シマブクロが最優秀コンテンポラリーアコースティックアルバム賞を受賞している。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top