7月31日を「主権回復の日」に制定

2022.07.19

日刊ローカルニュース

ハワイ州のイゲ州知事は18日(月)、7月31日を新たな祝日となる「主権回復の日」として制定すると発表。31日(日)に、オアフ島ワード地区にあるトーマス・スクエアで記念式典が行われる予定となっている。

今回新たに祝日として制定された7月31日は、1843年7月31日にカメハメハ3世がホノルル市内でハワイ国旗を掲揚し、ハワイ王国に主権が返還されたことを記念するもので、関係者のひとりは「7月31日が主権回復の日として制定されたことで、多くの人々が今後歴史を振り返り、ハワイのコミュニティ歴代のリーダーたちがどのように活動してきたかを知るきっかけとなるほか、7月31日はその功績を称える日になるでしょう」とコメントしている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top