ホノルル消防署に火災探知犬が仲間入り

2022.06.29

日刊ローカルニュース

オアフ島のホノルル消防局に、新メンバーとして火災探知犬の「イブ」が仲間入りしている。

州内で唯一の火災探知犬としての任務を開始した「イブ」は、2歳の雌のイエローラブラドールレトリバー犬で、火災の原因を突き止めるため米本土にあるアカデミーで200時間以上の高度な訓練を受けて見事アカデミーを卒業している。

関係者は「火災調査官が火災現場で綿密な調査を行う際には、何時間も何日もかかることがありますが、火災探知犬が活躍することで、調査の時間を大幅に短縮することが可能となります」とコメント。とくに大規模な火災現場での調査には火災探知犬の活躍が不可欠であるとしている。

なお、イブは5月にホノルル消防署に入署後、すでにいくつかの火災現場で活躍しているほか、今後、必要であれば州内のほかの消防署でのサポートも行っていく見込みとなっている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top