ハワイは全米でもっとも住みにくい州

2022.06.28

日刊ローカルニュース

オンライン求人サイトのLensaが発表した最新のデータで、ハワイ州は全米で最も生活費の負担額と平均賃金の差が大きく、全米一住みにくい州であることが明らかになった。

今回発表された最新データによると、ハワイ州は必要最低限の生活水準を維持するのに必要な生活賃金と平均賃金の差が20%以上あるほか、住居、食料品、光熱費、交通費など、ハワイのほぼすべての必需品のコストが全米のどの場所よりも高いと指摘。とくに食料品は全国平均より60%近くも高く、ハワイに住む平均的な住民は、年間約11,500ドルを食費に費やしていると分析している。

なお、ハワイ州に次いで住みにくい州となったのはオレゴン州で、反対にもっとも物価が安く住みやすい州はメイン州となっている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top