キング・カメハメハのパレードに数百人が参加

2022.06.12

日刊ローカルニュース

オアフ島で11日(土)、ハワイを統一したカメハメハ大王の偉業を称える祝日「カメハメハ・デー」の人気イベント「キング・カメハメハパレード」が行われ、数百人の市民が沿道から3年ぶりのパレードを楽しんだ。キング・カメハメハパレードは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために2年連続で中止となっていた。

3年ぶりの開催となったイベントでは、ダウンタウンのイオラニ宮殿からワイキキのカピオラニ公園までのルートを、レイで彩られた山車や馬、マーチング バンド、馬に跨ったパウライダーズなどが通過。豪華絢爛なパレードを楽しんだ市民からは「地元の人たちや観光客が集まり、経済が活性化するのは素晴らしいことです」といった声や「新型コロナウイルスのパンデミックで中止となっていたイベントに参加することが出来て本当に嬉しいです」といった意見が聞かれた。

なお、オアフ島ダウンタウンでは10日(金)、カメハメハ大王像に40フィート以上あるレイを捧げるカメハメハ・セレブレーションも行われ、こちらのイベントにも数百人の市民が参加していた。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top