オアフ島の住宅中間価格が最高値を更新

2022.06.07

日刊ローカルニュース

ハワイ不動産協会が発表した最新の調査結果で、今年5月中にオアフ島内で売買された住宅の中間価格が過去最高額を記録したことが明らかになった。

最新の調査結果によると、5月中にオアフ島内で売買された一戸建て住宅の中間価格は、前年同月比17.9%増の1,153,500ドル、コンドミニアムは前年同月比12.8%増の516,500ドルとなり、どちらも過去最高値を更新している。

ただし、不動産の中間価格は上昇しているものの、島内での一戸建て不動産の売買件数は減少傾向にあり、オアフ島では、ミリラニ地区とワヒアワ地区を除くほとんどの場所で販売件数が減少していることも明らかとなっている。

また、コンドミニアムの販売数は前年同月比15%増で、$700,000から$899,999の価格帯が前年比2倍となっているものの、100万ドル以下の一戸建て住宅の売買件数は前年同月比41.2%減少しており、不動産関係者は「金利の上昇と中間価格の上昇が、住宅購入希望者の選択に影響を与えているようだとしている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top