ハワイアン航空がスペースX社と契約

2022.04.26

日刊ローカルニュース

ハワイの大手航空会社であるハワイアン航空は、アメリカの実業家、イーロン・マスク氏によって立ち上げられたスペースX社との契約を締結したと発表。スペースX社が運営するスターリンクを利用した無料Wi-Fiシステムを機内で提供する予定であることを明らかにした。

スペースX社が運営するスターリンクは、地球上のあらゆる場所でインターネットアクセスを提供するために設計された衛星コンステレーションで、複数の人工衛星を組み合わせることで、地球全体への通信サービスの提供が可能になるとしている。

スペースX社の関係者は「ハワイアン航空では、乗客が21世紀に期待している高速インターネットを体験できるようにし、離陸前に映画をダウンロードするような面倒なことは過去の遺物にするつもりです」とコメント。ハワイアン航空のピーター・イングラム氏もニュースリリースで「ハワイアン航空のお客様は、受賞歴のある機内サービスに加えて、無料Wi-Fiシステムをお楽しみいただけるようになります」としている。

ハワイアン航空では、エアバスA330、A321neo、ボーイング797-9を含む一部の航空機で同サービスを導入予定で、来年度中にも、同社が運行している国内線と国際線で、スターリンクによるWi-Fiサービスを提供したいとしている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top