ウミガメ保護のためにベローズビーチの夜間閉鎖を実施

2022.04.08

日刊ローカルニュース

ハワイ州当局は、ハワイアンアオウミガメの保護のため、オアフ島のベローズフィールドビーチパークキャンプグラウンドを、約4カ月半にわたって一時的に閉鎖すると発表した。

当局によると、ベローズフィールドビーチパークの一時閉鎖は、4月18日(月)~9月1日(木)まで実施予定で、キャンプ場に違法に侵入する車両やキャンプファイヤー、人工照明などの影響から産卵するウミガメを保護すべく、夜間にキャンプ場を閉鎖するとしている。

なお、ビーチは引き続き週末の日中に一般に開放されるほか、平日は軍事訓練なども行われる予定となっている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top