アロハスタジアム周辺に大規模な住宅建設案が浮上

2022.01.28

日刊ローカルニュース

大規模な再開発が予定されているオアフ島ハラヴァ地区にあるアロハスタジアムとその周辺地域に関して、一部の州議員より、新スタジアム周辺に手ごろな価格の住宅を多数建設する案が浮上していることが明らかになった。

アロハスタジアムの再開発案では、スタジアム周辺の73エーカーの敷地に、ホテル、小売店、住宅の開発が行われる予定となっているものの、州上院住宅委員会のスタンレー・チャン氏などは、ホテル、レストラン、ショップの建設数を減らし、10万戸の手ごろな価格の住宅を建設する案を提示している。

チャン氏は「新しい住宅地の近くには鉄道の駅や小売店もあり、非常に住みやすいコミュニティが形成できます。あの区画の最高最善の用途は、商業施設やオフィスビル、ホテル、高級コンドミニアムではありません。州はハワイの住民が利用できる適切な価格の住宅を大量に供給する必要があるのです」とコメントしている。

今回のスタジアム周辺での大規模な住宅建設案に関して、スタジアム周辺の企業関係者からは、大規模な住宅建設計画が実現した場合、新たなビジネスチャンスが生まれるとの歓迎の声があがっているものの、一部の住人からは、73エーカーの土地に何十万人もの人が住むのは多すぎるという意見も出ている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top