違法花火の打ち上げで1名を逮捕

2022.01.04

日刊ローカルニュース

ホノルル警察は3日(月)、大晦日から元旦にかけて、オアフ島内で違法花火の打ち上げに伴う逮捕者が1名で、32枚の違反切符を発行したと発表した。当局によると、違法花火に関する通報件数は約800件だった。

オアフ島では、10年以上前から個人での打ち上げ花火の使用などを禁止する法案が施行されているものの、年末から年始にかけて島内各地で多くの違法花火の打ち上げなどが行われており、ホノルル救急医療サービスによると、大晦日から元旦の間に、11名が病院に搬送されて治療を受け、そのうち1名は子どもで重篤な状態になっているとしている。

オアフ島西部では、違法打ち上げ花火を見るため、H-1フリーウェイの車線を違法に占拠したお祭り騒ぎも発生し、救急車が患者を搬送するために迂回路を利用する事態も発生。警察は声明で「多くのドライバーが交通法規を無視し、フリーウェイから違法な花火を見るために無謀にもフリーウェイ内に車を止め、他者を危険にさらすのを見るのは残念なことだった」としている。

なお、警察の広報担当者によると、フリーウェイ上でのお祭り騒ぎには第3地区の警官が対応し、違法に駐車している車両の誘導等を行ったとしている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top