ホノルル動物園にアフリカンピグミーハリネズミが仲間入り

2021.12.29

日刊ローカルニュース

オアフ島のホノルル動物園に、新しい住人として雌のアフリカンピグミーハリネズミ「ペチュニア」が仲間入り。同園にあるケイキ動物園で生活をスタートしている。

アフリカンピグミーハリネズミは、アメリカ本土ではペットとしてとても人気を集めているものの、ハワイ州では、州の在来種を脅かす恐れがあるため、ペットとして飼うことは違法とされている。

アフリカを生息地としているアフリカンピグミーハリネズミは雑食性で、果物、昆虫、野菜などを食べ、ヘビ、サソリ、ヒキガエルなどを食べほか、体長はモルモットほどの大きさで、身の危険を感じた時には体に生えている約6,000本の短い羽毛を逆立てて威嚇することで知られている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top