ワクチン未接種者の感染死亡率は約20倍

2021.11.02

日刊ローカルニュース

最新の調査データで、9月と10月にハワイ州内で新型コロナウイルスに感染して亡くなった300名以上の多くが、ワクチン未接種者であったことが明らかになった。

ハワイ健康管理協会のCEOのヒルトン・レーセル氏は「最新データによると、ハワイ州内でワクチン未接種者が新型コロナウイルスに感染して死亡した確率は、ワクチン接種者の20倍であったことが明らかになっています。さらに、ワクチン未接種者が新型コロナウイルスに感染して入院した場合、入院期間は10~14日となるほか、治療はICUで行われるケースが多いです。反対にワクチン接種者の新型コロナウイルスでの入院率は全体の10~12%で、ワクチンを接種した人が入院した場合、入院期間は4、5日で、ICUでのケアが行われることもほとんどありません」とコメントしている。

ハワイ州のグリーン副知事も「最近死亡した人の多くは、3~4週間前のデルタ株の感染拡大時に感染した人が多く、30~40歳代のワクチン未接種者の患者の多くが人工呼吸器につながれたまま亡くなっています」と語り、市民に対し、ワクチンを接種するよう呼び掛けている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top