市長がハロウィン期間中の歩行者安全週間を宣言

2021.10.29

日刊ローカルニュース

ホノルル市のブランジアーディ市長は、ハロウィン中の子どもたちの安全確保を呼びかける歩行者安全週間「Keiki Pedestrian Safety Week」を宣言している。

当局では、ハロウィン期間中、歩行者と車を運転するドライバーの双方に注意を喚起。ドライバーに対しては、住宅地では時速20マイル(約32キロ)以下で走行するよう呼びかけるとともに、歩行者に対しても、夜間の歩行の場合には懐中電灯などの携行のほか、反射板などのついた洋服の着用などをアドバイスしている。

全国的に見ても、ハロウィンは多くの子どもたちや家族がトリック・オア・トリートのために家から家へとお菓子を求めて歩き回るため、歩行者にとってもっとも1年で歩行者にとって危険な夜のひとつとして知られている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top