カリッサ・ムーアの日を制定

2021.10.08

日刊ローカルニュース

ホノルル市のブランジアーディ市長は6日(水)、ハワイ出身のプロサーファーでオリンピック金メダリストでもあるカリッサ・ムーアさんの功績を称え「カリッサ・ムーアの日」を制定すると発表。ダウンタウンのホノルル市庁舎で制定式が行われた。

カリッサ・ムーアさんは、本年度東京で行われたオリンピックのサーフィン競技で見事金メダルを獲得しているほか、サーフィンの世界チャンピオンに5回輝くなどしており、ブランジアーディ市長は、ハワイを代表して世界の舞台で活躍する彼女の努力を称するべく、10月6日をカリッサ・ムーアの日を制定することを決定したとしている。

ムーアさんは「このような日を迎えることができてとても光栄です。コミュニティからの溢れんばかりの圧倒的な愛を感じるとともに、そのような人々や愛がなければ、今の私はありません。若い世代で夢を追いかけている人には、一生懸命に働き、心を込めて取り組めば、どんなことでも可能だということを知ってほしいと思っています」とコメントしている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top