イゲ州知事が規制緩和を検討中

2021.10.06

日刊ローカルニュース

ハワイ州のイゲ州知事は、州内での新型コロナウイルスの症例数が減少していることを受け、規制緩和を検討。8日(金)にも新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的としている規制の緩和が行われる可能性が浮上している。

イゲ州知事は5日(火)に行われたインタビューで、8日(金)までに4つの郡の長と一緒に規制緩和についての発表を行いたいとの意向を示し、とくに2019年クリスマスイブ以降、一般の観戦が制限されているUH(ハワイ大学)のフットボールの試合観戦の再開や大規模イベント、結婚式などのほか、観光客の受け入れなどに関する規制緩和について、現在、検討を進めているとしている。

UHのフットボールの次回の試合は、10月23日(土)にハワイ大学敷地内にあるスタジアムで開催予定で、イゲ州知事は「私たちが話し合ったことは、すべての観戦者にワクチンを接種を要求するのか、あるいはワクチン接種とテストのようなプロトコルを採用するのかということです」とコメント。現在無観客で行われているフットボールの観戦に関する規制を緩和する場合は、約9,000席あるスタジアムに1,000名ほどの観戦を認める可能性があるとしている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top