アメリカ領サモア=ハワイ間の直行便が再開

2021.09.11

日刊ローカルニュース

ハワイの大手航空会社であるハワイアン航空は、13日(月)より、ハワイとアメリカ領サモアのパゴパゴを結ぶ直行便を再開すると発表。12月20日まで、月2便が運航される見込みとなっている。

ハワイアン航空は、新型コロナウイルスのパンデミックのため、2020年3月より、ホノルルとパゴパゴ国際空港間の週2回の運航を停止。その後、アメリカ領サモア政府の要請により、約17カ月間にわたって直行便の運行が一時停止となっていた。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top